日語会話3出席登録時のクイズ(第1回から10回まで)

日語会話3は日本語学科2年生の1学期に開講している授業である。当教師は地理的制約により、オンライン形式で授業している。学生の出席は投票ツールで管理しているが、単に出席のボタンを押すだけでは記録の役割しか果たさない。そこで、毎回クイズの形式にして、回答すれば出席として記録することにした。今学期の授業回数に合わせて、クイズは三十数問用意してある。現在この学期は第6週目に入り、クイズも10回実施したので、ここで解答と学生の回答結果等をまとめることにした。 最初の10回には、第二言語を学習するために必要となるメタ知識を問うクイズにしたいと考えた。11回以降は、より日本語の知識を問うクイズにしたいと考えている。

1問目:8月30日(月)実施

文「私は大学生です。」が あります。
A:「私は」が主語で、「大学生です」が述語です。
B:「私は」が述語で、「大学生です」が主語です。

正答はAである。学生の回答はAが21名、Bが0名であった。文を分析するとき、もっとも基本となるのは主部と述部を認識することである(ここでは主部と主語、述部と述語の区別は気にしない)。日本語では、述部の後ろ、つまり文の一番最後が重要であることを折に触れて説明していきたいと考えている。

2問目9月2日(木) 実施

文「私は大学生です。」が あります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文は形容詞述語文です。
C:この文は動詞述語文です。

正答はAである。学生の回答はAが24名、BとCはともに0名であった。日本語の場合は形容詞述語文をさらに2つに分けて、ナ形容詞述語文とイ形容詞述語文として理解することが必要である。第2言語学習では学習の順序として、名詞述語文から学習を始めるのが良いと思われる。

3問目 9月9日木曜日1-2限 実施

文「メアリーさんは きれいです。」があります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はBである。学生の回答はAが0名、Bが22名、Cが6名、Dが0名であった。「きれい」は「い」があるから間違えやすいが、イ形容詞ではなく、「きれいな」というナ形容詞である。

4問目 9月9日木曜日5-6限 実施

文「海で泳ぎます。」が あります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はDである。学生の回答は27人すべて正答のDであった。比較的分かりやすい問だったと思われる。動詞述語では文末が「ます。」であるが、学生の発話では名詞述語等との混同が起きて「×泳ぎです。」などがよく聞かれる。

5問目 9月14日火曜日実施

文「今日は寒いです。」があります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はCである。学生の回答はAが1名、Bが2名、Cが24名、Dが0名であった。

6問目 9月16日木曜日実施

「赤い花」という表現が あります。

A:「赤い」が修飾語で、「花」が被修飾語です。
B:「赤い」が被修飾語で、「花」が修飾語です。

正答はAである。学生の回答は27人すべてが正答であった。漢字が手掛かりになったと考えられる。日本語は修飾語が前で、被修飾語が後ろになる。

7問目 9月23日木曜日実施

動詞「作る」は「作らない」「作ります」「作る」「作れば」「作ろう」と形を変えます。
A:形を変えることを修飾と呼びます。
B:形を変えることを活用と呼びます。

正答はBである。学生の回答はAが2名、Bが25名であった。日本語は動詞だけではなく、形容詞や助動詞も活用するので、学生には「活用」という言葉を知っておいてもらいたい。

8問目 9月28日火曜日実施

AとBのうち正しいものを選びなさい。
A:名詞は活用しますから、用言と呼びます。
B:名詞は活用しません。体言と呼びます。

正答はBである。学生の回答はAが9名で、Bが17名であった。9名も誤答したのは意外だった。日本語の名詞は活用しない。単数か複数かの区別も表記上現れない語が多い。名詞は活用しないのであるが、活用語の説明のときに「連体形」の語を使うので、「体言と呼びます」という部分を学生に認識してほしい。

9問目 9月30日木曜日実施

文1「私は学校に行きます。」
文2「私はご飯を作ります。」
A:文1は他動詞文で、文2は自動詞文です。
B:文1は自動詞文で、文2は他動詞文です。
C:文1と文2は両方、名詞述語文です。

正答はBである。学生の回答はAが4名、Bが20名、Cが2名であった。文末が「ます。」なので、名詞述語文ではないことに気づかなければならない。しかし、そのような文法知識からの判別ではなく、動作を述べていることから動詞述語文であることが分からなければならないだろう。動詞述語文でも自動詞文か他動詞文かは主語や助詞の選択に影響を及ぼす。学生にまず認識してほしいのは、他動詞はその動作対象を「~を」で表すということである。

10問目 10月5日火曜日実施 

文「私は水餃子を食べます。」があります。
A:「私は」が目的語です。
B:「水餃子を」が目的語です。
C:「食べます」が目的語です。

正答はBである。学生の回答はAが0名、Bが8名、Cが18名であり、誤答が多数を占めた。日本語は他動詞文の語順がSOVとなる。SOVとは主語、目的語、動詞の順番で文が構成されることを表している。英語のSVOとの大きな違いである。目的語とは、動詞の動作の対象となる名詞のことである。学生は「私は」が主語であることは分かったであろう。残るBとCのうち、動作の対象となる名詞は水餃子である。動作の対象であることを表すために助詞「を」が使われることも理解してもらいたい。

最初の10問の回答解説は以上である。次回以降はより日本語特有の文法問題をクイズにすることにしている。なお、学生諸氏には気を付けてもらいたいが、この文章は報告文であるから、文体に「だ・である体」を使っている。学生の作文でよくないことは、「です・ます体」と「だ・である体」を混合して書くことである。作文するときは文体を統一するように、いつも注意しなければならない。

Walked Around, Took Pictures, and Came Home: The Same Pictures Again and Again.

These pictures look like all the same as what I had already uploaded here. I can not go far from my house under the restriction due to corona virus pandemic. I go out only for shopping food or just walked around my house in rural town in northern part of Japan, Niigata.

A tree is standing on the slope of river bank. And it is also in front of a Japanese Shinto Shrine. It is not that big tree. But I guess this tree has seen many village people for 2 to 3 hundred years or so.

The hall of worship of the Shinto Shrine. Actually, this was not the shrine that I played with my friends when I was a kid. My “playing ground shrine” is even smaller than this.

Flowers of crape myrtle are blooming in the shrine area. Since I have spent all my hours to make Power Point slides for online teaching, I think I have missed the best time of crape myrtle flowers in this summer.

I kept walking on a path of river bank.

I found a convolvulus flower. This is also a summer flower. I saw that the season for this flower was also about to end. We Japanese call the flowers of “morning glory” as “morning face (Asa-gao)” and call the flowers of “convolvulus” as “daytime face (Hiru-gao)”.

This is a view of my hometown, where I live now.

Far behind the river, I saw the ridge of Gozu Mountain whose highest point is 972 meters (3200ft).

I wanted to take a picture of trains running on the bridge. I waited for the trains’ coming. But that didn’t come. I knew that I could not take a good picture because of reverse light of sunshine. So, I stopped waiting and gave up the idea to take a picture of trains. I just came back home.

日本語学習:[イ形容詞]+[動詞]のときのイ形容詞の変化

illustration in which a person is turning the switch on to start air-conditioner

次のようなクイズを学生に出し、回答を得ました。


【クイズ】
友達に聞いてはいけません。教科書を見てもいけません。自分の日本語力で答えなさい。無記名投票ですから、名前は分かりません。安心して選んでください。明日の夜中が締め切りです。

A:エアコンをつけて、部屋をすずしいにします。

B:エアコンをつけて、部屋をすずしくします。


正解はです。回答数64のうち、正答は54で、正答率は84%でした。学習者には別途、学習年数ごとの正答率をDingtalkで示しました。正答率が高くてよかったのですが、「すずしいにします」を選んだ学生は、つぎのことが考えられます。

(1) 活用が よく分からないから、活用しないで使う。
(2) イ形容詞みたいな ナ形容詞「きれいな」の文で、
  例A:掃除をして、部屋をきれいにします。
 などを見たから、「いに・します」でいいと思っている。
この(1)と(2)はいけません(例Aは正しい文です)。

次のようにしてください。
・イ形容詞で動詞や他の形容詞を修飾するときは、「い」を「く」に変えてください。
  例B:イ形容詞「速い」+動詞「歩きます」
      → 速く 歩きます。
・イ形容詞みたいなナ形容詞「きれいな」「きらいな」「ゆかいな」などに注意しましょう。ナ形容詞で動詞や他の形容詞を修飾するときは、「な」を「に」に変えてください。
  例C:ナ形容詞「きれいな」+動詞「洗います」
      → 手を きれいに 洗います。

蛇足ですが、動詞「違う(ちがう)」をイ形容詞×「違い」だと思っている学生も多いです。

以上の記事は私の学生に向けて書いたものですから、あしからず。

Writing in an Air-Conditioned Room, Outside is Too HOT.

My another photo blog “LQ Laoshi’s Photo Gallery”(outside wordpress)


When I was a kid, summer heat was not as severe as today. It used to be 30 Celsius, or just a little above of it. But because of global warming, it often becomes 35 Celsius or higher in the height of the summer season in recent years. Today, too, the weather forecast is saying the temperature in my place will reach 35 Celsius. Heat is severe and sunlight looks harmful.

I remember it was the end of May when I got a message from the university which was saying that I had to teach Japanese literature reading class in the coming fall semester. Since I had heard of it, I had read a lot of books about Japanese literature. Because I wanted to teach the best of the Japanese literature that has 1300 years of history. Perhaps a foreign people may say that 1300 years are short, saying that other world major civilizations have longer histories also for literature. Yes, in ancient times, Japanese didn’t have letters/characters to write down and record our own language. But once Japanese learned how to write Japanese sentences, a lot of literary works were made and handed down to the late generations.

I designed how to teach and schedules of my Japanese literature class so that I could teach the whole history with the best articles. One of those articles that I really wanted to introduce was “Sarashina Diary” by a daughter of Sugawara-no- Takasue. It is not a lengthy book but a short and concise one. The diary is a memoir of a lady’s life in 11th century. It lively describes fun things and sad things that happened to her from when she was a girl to when she lost her husband in her later life. The interesting thing is that although it was written in almost one thousand years ago, there are a lot of things that can be shared with us living in modern times. I expect that many of my female students would like it.

In order to get a whole picture (though it’s literature), I borrowed a lot of books from the city library. I searched books on the city library’s website, reserved some books, and went to the library to get them. I also bought a scanner to take copies of books to make a textbook by myself. But last week, I got a message from a student (not from the university), saying that the class would not be held in the coming semester because very few students wanted to take it. I think what she said is right, although the chief of the Japanese department said to me he was not 100% sure. By that time I had already spent a lot of time to prepare for the class, but that was not enough. I still had to prepare for the level of teaching in the real situation. If the class would not be held, it would make my work easier. So basically I have to be happy for cancellation of my Japanese literature reading class.

As of today’s morning, I was borrowing 9 books from the library. Some were interesting even if I wouldn’t use them for the class, but I decided returning them to the library. Today “Heat Stroke Alart” is being issued to my area by the Ministry of Environment of Japan. So going outside is not good. To avoid the hottest hours, I decided to go there before noon with a parasol. A lady often uses a parasol under the sun, but it is rare for a man to do so. Yes, this was the first time for me to go outside with parasol.

I have a garden (a vegetable field? I don’t know how to call it) and grow many kinds of vegetables. I have to work at least one hour on the ground every day. These days I do it after breakfast; it is from 7:30 to 8:30 a.m. Although it is just an hour in the morning, I have got sunburn on my left elbow because of strong sunlight. Skin got red. So I wouldn’t like to expose my left elbow to sunlight. A long sleeve shirt cannot be a solution because of the temperature. I decided using a parasol of my mom.

Getting out of my house to go to the library and opening the parasol, I realized that one connection between the cloth and the tip of a beam was broken. But the biggest problem was that it is too SMALL to me. Yes I borrowed my mom’s parasol. It would be big enough for her, but not for me. If I stretched my elbow down, my sunburned elbow would get sunlight. So I should be folding my left hand with my right hand holding the parasol. It should have looked weird; A guy in 50 was walking holding a small parasol with both hands. Anyway, I went to the library and returned nine books two days before a deadline. Now I am typing this in a cool, air-conditioned room.

Photo taken in Niigata JAPAN

These are vegetables that I grew.

Photo taken in Niigata JAPAN

But I cannot grow watermelon. It is too difficult for a beginner like me. This watermelon was bought in a supermarket. A little past the best timing.

商務礼儀実訓の授業記録:第9週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第9週1回目
A組:10月26日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:10月29日(木)9:50~11:10(日本時間10:50~12:10)

授業内容:第3編 ビジネスマナー
第7章 文書類の受取と発送・他
第8章 ファイリング・他
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:文書類の受取と発送・他
  01 受発信文書の取り扱い
  02 はがき、手紙、特殊郵便物
  03 さまざまな配送サービス
<4> ファイリング・他
<5> 期末試験について

以下に、第9週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:B:定形郵便物は定形外郵便物よりも料金が安い。経費節減のために、折りたたんでよい書類なら、定形封筒に入れて送るという工夫もあるだろう。
2問目:D:十分な時間的余裕を持って、早めに会議会場へ行くこと。行ってみたら机の並べ方がいつもと違うなどということはよくある。
3問目:B:会社内のデータは持ち出してはならない。会社と自宅の途上でUSBメモリーを紛失してしまったら、取り返しのつかないことになる。Cには注意が必要である。なぜ隣の部のA君が聞いてくるのか。もしかしたらA君は外注予定額を社外に漏らすかもしれない。同じ会社の人であっても情報を漏らしてはならない場合がある。
4問目:C:業務で行くことと、私事で行くことは、はっきり分けるべきである。行きたい観光地があるなら、休暇を取って私費で堂々と行けばよい。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第9週2回目
A組:10月27日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:実施しなかった。

授業内容:
7:55 授業開始・出席記録
8:00~8:10 詩の選択、読めない字を辞書で調べる、朗読の練習、この間に作文の課題を提示
8:10~ 詩の朗読の個別発表。ランダム指名する
      一人3分以内 ✕ 20人 = 60分
      作文も朗読も終わった人は自習すること。
9:10 アンケート1問を画面表示
9:10~9:15 原稿用紙の余白にアンケート1問の答えを記入して写真に撮る。それをDingtalkで送信する。

1.詩の朗読
あらかじめ、Dingtalkのクラスの掲示板に詩を5編掲示した。
(1) 吉野 弘 「生命は」
(2) 黒田 三郎 「僕はまるでちがって」
(3) 新藤 凉子 「遅い」
(4) 新川 和江 「名づけられた葉」
(5) 石垣 りん 「幻の花」
10分間の準備時間を与えたのち、一人ずつ朗読させた。うっかり誰が何を選択したか記録するのを忘れたが、(1)と(5)が多く、(2)と(3)を選んだ学生がわずかいた。(4)を選んだ学生はいなかった。

2.作文
掲示板に読む題材をアップしたが、だれも、それを読んで感想文を書くことを理解しなかった。終了時に写真での提出を求めたところ、全員が上記の詩の感想文を書いていた。教師の指示ミスであった。なお、最後まで学習者をつなぎ止めるために、終了時にアンケートをした。私の商務礼儀実訓の授業が分かりやすかったかどうかを問うたものである。
1=とてもわかりにくい、2=ややわかりにくい、3=ふつう、4=まあまあわかりやすい、5=とてもわかりやすい
このアンケートはホワイトボードに書いて画面表示する予定であったが、Dingtalk上でカメラが機能しなかったため、すべて口頭で指示した。2回繰り返して言ったにもかからわず、ほとんどの学生はアンケートの答えを提出しなかった。このことから、音声だけではまだ理解できない段階であること、教師からの指示はそれを考慮に入れて、より確実な指示方法を採らなければならないということが分かった。

Dingtalk上でカメラが機能しないことは致命的である。2、3日機能して、それから機能しない状態になることが多い。こちら側でカメラのON/OFFの操作は一切していないので、バージョンアップのたびごとに、使える状態と使えない状態が交互に発生するようである。この日、それまで丸い形だったID画像が角の丸い四角に変更されていたので、このバージョンアップの際にカメラを認識する機能がOFFになったのだろう。

この後、期末試験の代替としてのレポート提出について学生に指示を出す予定である。ともあれ、週2回・9週間の講義は終了した。日本で20年以上社会人として働いた筆者にとって、この教科はある意味ではやりやすいものであったが、しかし、日本語教育に携わる者が、この内容を教えることには疑問がある。あくまでも日本語を教える目的で教師をしているのであり、どうすれば学生の第二言語習得が効果的にできるかを日々検討している。日本のビジネスマナーを教える中で日本語力もつけられるようなことが教科書に書いてあるが、やはり、それは別にするべきものだと思う。もちろん、上級になるほど、有意味・内容重視の言語活動をするべきだ。しかし今回担当した学生は、そのレベルではなかったと思う。この教科は筆者が担当しても、脱線することが多いし、教科書の足りないところが目につくばかりである。こちらの国の教師が担当すれば、教師自身の勉強になるだろう。

商務礼儀実訓の授業記録:第8週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第8週1回目
A組:10月19日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:10月22日(木)9:50~11:10(日本時間10:50~12:10)

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第6章 会議
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:会議
  01 会議の目的と種類
  02 会議を開催する
<4> 次回予告等

以下に、第8週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:C:パネルディスカッションやシンポジウムは登壇した人たちの発表や討議のあと、聴衆との質疑応答をするのがふつうである。
2問目:D:電話をしたいと思ったときに、名刺を捜すことで時間を無駄にしてはいけない。名刺フォルダー等にきちんと整理して、必要なときにすぐ見られるようにしておく。
3問目:B:もちろん、外注する場合は市民の血税を使うことになる。しかし、問題が生じたときは、どうにかして実行可能な解決可能な方法を見つけ出さなければならない。Aのように自分で無理して作っても、委員長の大学教授を満足させるような資料は作れないだろう。問題解決の方法として、外注(アウトソーシング)をうまく使うことも大切である。
4問目:A:会議は時間とマンパワーを浪費する。意志決定の前の検討段階で多くの人の意見を聞くのはよいが、会議そのものに時間や労力をかけるのは無駄である。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第8週2回目
A組:10月20日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:(第9週1回目)10月27日(火)15:25~16:45

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第5章 交際業務
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:交際業務
  01 結婚式のマナー
  02 弔事のマナー
  03 さまざまな慶事のマナー
  04 贈り物
  05 会食・パーティー
<4> 次回予告等

以下に、第8週2回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:D:参加者は主役ではない。ほどほどにする。
2問目:C:電車内で他人が携帯電話の使用していると、気になるものである。小声だからいいというものではないであろう。
3問目:D:筆や筆ペンのない事態も想定される。太いサインペンなら許容されるか、筆者は知らない。ボールペンはさすがに不可であろう。
4問目:B:結婚式の招待状に限らず、返信ハガキを送るときは、自分側につけられた「お-」「御-」には二重線を書く。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。

商務礼儀実訓の授業記録:第7週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第7週1回目
A組:10月12日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:10月15日(木)9:50~11:10(日本時間10:50~12:10)

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第3章 訪問のマナー、第4章 電話のマナー
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容1:訪問マナー
  01 訪問時のマナー
  02 名刺の役割と名刺交換
  03 紹介マナー
<4> 本日の内容2:電話のマナー
  01 電話の特性と心構え
  02 電話の受け方
<5>次回予告等

以下に、第7週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:C:他の会社を訪問する場合であるから、応接室や会議室の予約は相手方がすることである。
2問目:C:会社の物品を勝手に持ち出して私用に使ってはいけない。金額の問題ではない。
3問目:C:電話の相手の声が小さいときは、「声が小さいです」とは言わずに、「お電話が遠いです」という。
4問目:D:お詫びをするときは、もちろん、相手方に出向いて、直接伝えるのがよい。しかし、行けない場合もあるし、移動に時間がかかる場合もある。そのため、電話でまずお詫びの第一報を伝えるのがよい。お詫びをSNSのメッセージで済ませてしまうはよくない。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第7週2回目
A組:10月13日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:(第8週1回目)10月20日(火)15:25~16:45

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第4章 電話のマナー
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:電話のマナー
  02 電話の受け方(丸6番以降)
  03 メモの取り方と渡し方
  04 電話のかけ方
  05 携帯電話のマナー
<4> 次回予告等

以下に、第7週2回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:A:[ア]社内の名指し人に転送する電話は外線電話である。[イ]相手の電話番号は声に出して復唱する。[ウ]会議室を予約したりするものではない。電話があったことを伝えるのは「連絡」という。
2問目:D:お茶やコーヒーを出すときは、まず来客の上位の人にさしあげて、順次、下位の人へお出しする。
3問目:BとD:電話は、受ける人にとっては、突然かかってくるものである。その時、電話で話すことができる状況かどうかは分からない。だから、電話をかける人は 受ける人の都合に配慮しなければならない。
4問目:C:上位の人が切ったのを確認して、下位の人は受話器を置く。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。

商務礼儀実訓の授業記録:第6週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第6週1回目
A組:10月5日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:10月8日(木)9:50~11:10(日本時間10:50~12:10)

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第1章 職場のマナー
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 第3章 ビジネス文書の活用(残り)
<4> 第3編 第1章 職場のマナー
  01 出勤時の心構え
  02 就業中の心構え
  03 終業時の心構え
  04 休憩の取り方と過ごし方
  05 休暇の取り方
<5> 次回予告等

以下に、第6週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:B:Aはメールの件名の付け方について誤っている。件名は内容が分かるようにするべきである。件名が「こんにちは」のようなメールは最悪スパムメールだと思われてしまう。Cは返信時に受け取った文面を消すかどうかである。議論の経緯を残す目的で消さない方が良い。もちろん、あまりに長くなれば古い部分は消しても良いであろう。Dはメールの下部に置かれる署名についてである。受け取った人が連絡時に参照できるよう、社名、部署名、自分の名前の読み仮名、住所、電話番号など、必要な情報を署名に書き込んでおいた方がよい。
2問目:C:ソトの人に話していて、ウチの人のことを言及する場合、尊敬語を使わない。家庭内では母親に敬意をはらうが、ソトの人と会話しているときは「母」と呼ばなければならない。学習者がよく間違えるところである。
3問目:D:ダラダラ残業をしてはならない。終業時に周りの同僚に気を配ることは大切であるが、自分に緊急の仕事がなければ、帰宅するべきである。残業は個人の生活リズムに悪影響を及ぼす。
4問目:B:退社時には、机の上をきれいにしておくこと。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第6週2回目
A組:10月6日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:(第7週1回目)10月13日(火)15:25~16:45

授業内容:第3編 ビジネスマナー 第2章 接遇マナー
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容
  01 接遇の目的と心得
  02 応対の手順
<5> 次回予告等

以下に、第6週2回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:A:お客様を迎えた時のもてなし方を学習するので、契約書や仕様書への記載など契約行為については取り扱わない。
2問目:C:せっかくいただいた注意・忠告を即座に否定してはいけない。自分が間違った方向へ行かないために活用できる情報かもしれない。少し腹が立ってもこらえて、相手が言ってくれた意図や理由を考えるべきである。
3問目:A:お客様が座る上座は入口から遠い方である。
4問目:B:基本的に、案内者はお客様よりも少し前を歩く。階段を下るときは、お客様よりも下方に位置するために、先行して歩くことがある。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。

商務礼儀実訓の授業記録:第5週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第5週1回目
A組:9月28日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:9月29日(火)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)

授業内容:第2編 第2章 社会人としての言葉遣い(続き)
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:社会人としての言葉遣い
  03 接遇用語
  04 間違いやすい敬語
  05 応対用語
<4> 次回予告等
敬語の使用について、ウチ・ソトの関係を説明した。

以下に、第5週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:C:「弊社の係のかた」ではなく、「弊社の係の者」とすべきである。なお漢字書き「方」にしないで、ひらがな「かた」としたのは、「方(ほう)」と読めば、それほどおかしくないためである。
2問目:D:3つとも、いわゆる八大用語を使っている。
3問目:D:このような考え方もあり得ると思う。しかし、教師が授業中に説明したのは、クッション言葉を使って、相手への言葉をやわらげるのがよいということである。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第5週2回目
A組:9月29日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:(第6週1回目)10月6日(火)15:25~16:45

授業内容:第2編コミュニケーション 第2章 社会人としての言葉遣い(続き)
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:
  07 場面別のポイント
<4> 次回予告等

以下に、第5週2回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:D:自分の意見をしっかり伝えることは重要だが、相手の提案や意見を受け入れるか入れないかはまた別の話である。自分の意見ばかり押しつけて他者の意見に耳を貸さないと、方向修正できずに破滅へ向かう可能性もある。
2問目:C:Aが稟議書、Bが(業務)報告書、Dが契約書である。
3問目:B:役職名「部長」に「様」をつけているので間違いである。なお、ここにある社名はでたらめにつけたものであり、実在の名称とは関係ありません。
4問目:B:これが一番危ない。たとえ信頼できる人であっても、口約束は証拠が残らない。「言った」「言わない」の争いが発生したら、目も当てられない状況になる。これを避けるために文書作成をするのである。

以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。

商務礼儀実訓の授業記録:第4週

The following is a log of my teaching in Japanese language class in a university

教科書:外語教学与研究出版社「日本商務礼儀教程」2017.6
この教科書は日本公益社団法人 全国経理教育協会主催 社会人マナー検定試験指定教材をこちらの国の中で教科書として出版したもののようである。

第4週1回目
A組:9月21日(月)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)
B組:9月22日(火)15:25~16:45(日本時間16:25~17:45)

授業内容:第2編 第1章 職場の人間関係(続き)および第2章 社会人としての言葉遣い
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 前回の続き
<4>本日の内容:社会人としての言葉遣い
  01 敬語の種類と使い方
  02 敬語の作り方
<4> 次回予告等
敬語の使用について、ウチ・ソトの関係を説明した。

以下に、第4週1回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:C:第一印象が悪かったら、それを挽回して、さらに良い印象をもってもらうためには、長い時間がかかる。
2問目:B:言葉のやり取りであるバーバル・コミュニケーションだけでなく、言葉以外の視線、表情、身ぶり、姿勢、相手との距離などのノン・バーバル・コミュニケーションもコミュニケーションに大きく影響する。
3問目:A:尊敬語は相手の動作を立てて述べるものであるから、文の主語は相手である。謙譲語は自分の動作をへりくだるものであるから、文の主語は「私」である。
4問目:A:お客様に尊敬語を使い、身内の上司のことは謙譲語で表す。Bは身内に尊敬語を使っているので不可。Cは丁寧語のレベルであり、尊敬語や謙譲語を使っていない。Dはお客様に謙譲語を使い、身内に尊敬語を使っているので、敬語の使い方が逆である。
以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。


第4週2回目
A組:9月22日(火)7:55~9:15(日本時間8:55~10:15)
B組:9月24日(木)9:50~11:10(日本時間10:50~12:10)

授業内容:第2編コミュニケーション 第2章 社会人としての言葉遣い(続き)
<1> 用語クイズ(指名)
<2> 前回の復習クイズ(指名)
<3> 本日の内容:職場の人間関係
  <1> 用語クイズ(指名)
  <2> 前回の復習クイズ(指名)
  <3> 尊敬語の復習
  <4> 謙譲語の練習
  <5> 次回予告等

以下に、第4週2回目の授業中に出題したクイズを示す。

解答
1問目:A:社外の人と話しているとき、自分の上司のことを言う必要が生じたら、自分の上司には尊敬語ではなく、謙譲語を使う。
2問目:C:「一人ひとりの参加意欲よりも、」の「よりも」が余計である。1人ひとりの参加意欲は重要である。また、リーダーの指示・方針に従うことは絶対ではない。Dにあるように、リーダーの指示・方針が納得のいくものであれば、最善を尽くしてリーダーを支える。
3問目:D:先生には尊敬語を使い、「私」には謙譲語を使うべきである。Dは逆である。
4問目:C:敬意を表す相手には尊敬語を使う。また「お-」「ご-」のうち、漢語には「ご-」を使う。
以上の解答解説は筆者の独断と偏見によるので、上記を利用した場合の結果について、一切の責任は負いません。