Welcome to LQ Laoshi’s Blog on WordPress

Hi, this is a blog that is a record of my career as a Japanese teacher.

Please visit my photo gallery “LQ Laoshi’s Photo Gallery” (outside of wordpress)

I like playing music on my electric bass. Please visit “LQ Laoshi Plays Electric Bass.” and listen. The following is one of my bass playing.

J. S. Bach, Unaccompanied Cello Suite No.3, Prelude on Electric Bass (4.22MB)

Digging Sweet and Taro Potatos from my Garden was Another Exhausting Task.

They came from tropical regions. If I left them in the ground in cold winter in Niigata, they would be rotten simply because of cold. So I had to dig them before winter come.

Taro in my Garden on November 20th.

I got rid of other weeds around the Taro beforehand. Perhaps you may think about cutting the stems at this stage. But please do NOT cut them before digging out. Because if you cut the stem first, you will lose the grip to pull and lift up the Taro from the ground.

There was not much Taro Potato its Root.

During summer, I should have added fertilizer and mounded soil up around the roots of Taro. But I had been too busy to do those things because of preparation for the online classes of the fall semester. So the harvest of Taro was a little disappointing this year.

Taro Washed by Water

Sweet Potato got much Damage by Larvae of Scarab Beetle

I also dug sweet potato in the same day. The sweet potato I planted was improved one having more sweetness than conventional potato. That simply resulted in much damage on surface of the potato. Larvae of scarab beetle in the ground ate the potato and made a lot of holes and dents. Before I got them, I had thought that I would give my sweet potato to my neighbors. But my sweet potato was so dirty and ugly, I gave up my idea to share my sweet potato with people living around me. Instead, I sent one carton box of sweet potato to my sister who lives near Tokyo.

Grotesque Shapes of Sweet Potato

That grotesque shapes of sweet potato means that I should have cultivate the soil with my hand hoe well.

Steamed Sweet Potato

Although they look ugly on the surface, the taste is really sweet. I am happy with them.

山下さん手作りのキムチ@五泉市の2・7定期市

添加物、着色料いっさい無し。新鮮な天然素材のおいしいキムチはいかがですか。

山下さん手作りの白菜キムチ

山下さん手作りの大根キムチ

山下南さんのキムチは、新津や五泉の定期市でご本人から直接買うことができます。以下の情報をご覧ください。

山下さんは気さくで話しやすい人です。五泉の2・7定期市でお会いしました。

山下さんがキムチを売っています@五泉の2・7定期市

本日、2021年11月27日に、五泉市役所近くの定期市で山下さんのお話を聞きました。山下さんは韓国の全羅南道の麗水(ヨス)から、約40年前に日本にお嫁に来られました。新潟市の秋葉区にお住まいです。お子様が幼稚園に入られたのをきっかけに、キムチの製造・販売を始めました。お国のお母さんから受け継いだ美味しいキムチの味を地域の人にも味わってもらいたいという気持ちで始めたそうです。昭和の終わり頃から、定期市で、変わらない値段で、ずっと続けていらっしゃいます。売っているのは新鮮な白菜キムチ、大根キムチ、キュウリのキムチの3種類です。白菜は日本産、唐辛子は韓国産を使っています。
とても美味しいキムチですから、おすすめです。また、価格も大変良心的で、たっぷり食べることができます。雪が降っても、1年中定期市で売っていらしゃいます。このブログをご覧のみなさま、ぜひ山下さんのキムチを味わってください。

本日うかがった五泉の2・7定期市は、市役所の近くで行われています。市役所の前に小さな川があります。その川の対岸に市役所職員用の駐車場があって、そこが定期市の場所です。駅前通りから少し入った所になりますが、緑のネットで囲まれた四角い場所です。以下の写真をご参照ください。

写真の左が市役所です。


スタミナレシピをもらいました。

この投稿の情報は2021年11月27日時点のものです。

Hand-made Fig Jam on Toast

They were the last figs in this fall.

Only sugar was used; No chemical, no preservative, no artificial flavor/color.

They were boiled for tight sealing.

Actually I made five bottles of fig jam. I sent these four bottles to my sister.

So only one bottle was left. Fig jam on the toast in the photo above was the last portion from that bottle. But I still have many fig compote in my freezer.

A Rare Sunny day in Late Autumn in Northern Part of JAPAN, Niigata.

Today I went to a funeral of my cousin. The person was the first cousin who died on my mother’s side. I participated the funeral until the casket was hidden behind the steel doors in cremation cite. When other relatives were leaving the funeral place for the deceased person’s parents’ home to have a lunch, I said good-bye to them. They gave me two lunch boxes for my mother and me. One of my uncles gave me a ride to the nearest JR station. I got on a local train to come back to my house. Those people, after lunch, would have been back to the cremation cite to pick up bones. One hour train ride took me to a small town where I live. It was already in late afternoon. Since I saw the Mountain Iide was already white from the train window, I took my digital camera and went outside again to take a picture. That was the photo above. On a rare sunny day in northern part of Japan, a soul of deceased person was gone for one-way trip.

Digging Sweet Potato made me Exhausted; I Could Dig Only One Fourth of them.

Sweet potato’s leaves had widely spread. I planted the seedlings of sweet potato on two furrows last June. Recently they looked even chaotic. Now the month of October is reaching the end. So I decided digging them.

I cut and got rid of leaves first. Roots and potato still remained in the ground. Since I knew that I could not dig the two furrows in one time, I just tried to do it for one furrow only.

A sweet potato with purple skin appeared from the ground.

Actually it was so exhausting that I could not dig even one furrow. I could dig only a half of it. And then I washed the sweet potato using water.

In order to dry them, I expanded the newspaper and put the potato on it.

This photo shows you as if the one dish of sweet potato was the only thing in my supper. Nope, it is just a kidding. Taste? actually these potato were not so sweet. It is said that sweet potato will be more sweet after being stored for a month. I hope it’s true.

Midnight Blog Posting, Because I can’t sleep

It’s 2a.m. in Japan standard time. I have tried but I cannot fall asleep tonight.

This was the second time for me to cook fig compote in this autumn.

Beyond the rice fields I could see Mountain YAHIKO, whose hight was about 630 meter.

The left peak is the Mt. Yahiko, although the right peak looks higher.

These are not figs in my garden. I just took a photo of other’s fig tree.

Persimmon tree and its fruits. I also have several persimmon trees in my garden, but they are still young to have fruits.

A local JR train on Shin’etsu-line.

The main dish of tonight’s supper.

I am going to bed again soon after I post this one. Now rain is falling down outside. Weather report is saying that a cold front is passing through my region now. Once the cold front is gone, it will be cold and temperature is going down. I expect that the high mountains get the first snow fall. I will check it on Monday.

Afternoon Walk in Early October, in Niigata, a Northern Part of JAPAN

I am a person who wants to make data small. So I usually resize my digital photos to be 640 by 480. I think the size 640 is good for smartphone. But this time I resized photos to be 960 by 720. Just let me see how they are fine in resolution as a trial basis this time, and if it is worth doing with bigger data sizes of picture file.


Okay, this is the end of this post. I have to make a lot of PPT slides from now to prepare for online teaching in the coming week. I have no time to take a rest.

Fig Compote; a Way to Preserve When you got a lot of Figs.

Not a lot, but I got eight figs. They were the first harvest from the garden in this fall. The problem is that you cannot keep it long. You need to eat, or do something to preserve figs in the day you got them. They soon get bad. 

So I decided making compote. As to sugar, cane sugar and beet sugar are available in Japan. I don’t think that beet sugar is sweet enough. This time I chose cane sugar that was not refined to be completely white. So the sugar has a little bit color of brown. I poured a small amount of water into pan. Perhaps that water was not necessary because water came out of figs.

You see seven figs in the pan. One was left because it didn’t fit in that pan. I ate it fresh. Actually that one tasted enough sweet. Not bad.

I heated by the gas with low flame. By the way, you don’t need to peel off when making fig compote. I think it is better to leave them unpeeled to keep the shape. On the other, I peel figs off when I make jam.

 

Fig compote is finished. I like the pink color of fig compote. Although this time the syrup is not so clear, because I used a-little-brown cane sugar. I chilled it in fridge and actually I have already eaten them. I think I will drink syrup by diluting with soda.

日語会話3出席登録時のクイズ(第1回から10回まで)

日語会話3は日本語学科2年生の1学期に開講している授業である。当教師は地理的制約により、オンライン形式で授業している。学生の出席は投票ツールで管理しているが、単に出席のボタンを押すだけでは記録の役割しか果たさない。そこで、毎回クイズの形式にして、回答すれば出席として記録することにした。今学期の授業回数に合わせて、クイズは三十数問用意してある。現在この学期は第6週目に入り、クイズも10回実施したので、ここで解答と学生の回答結果等をまとめることにした。 最初の10回には、第二言語を学習するために必要となるメタ知識を問うクイズにしたいと考えた。11回以降は、より日本語の知識を問うクイズにしたいと考えている。

1問目:8月30日(月)実施

文「私は大学生です。」が あります。
A:「私は」が主語で、「大学生です」が述語です。
B:「私は」が述語で、「大学生です」が主語です。

正答はAである。学生の回答はAが21名、Bが0名であった。文を分析するとき、もっとも基本となるのは主部と述部を認識することである(ここでは主部と主語、述部と述語の区別は気にしない)。日本語では、述部の後ろ、つまり文の一番最後が重要であることを折に触れて説明していきたいと考えている。

2問目9月2日(木) 実施

文「私は大学生です。」が あります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文は形容詞述語文です。
C:この文は動詞述語文です。

正答はAである。学生の回答はAが24名、BとCはともに0名であった。日本語の場合は形容詞述語文をさらに2つに分けて、ナ形容詞述語文とイ形容詞述語文として理解することが必要である。第2言語学習では学習の順序として、名詞述語文から学習を始めるのが良いと思われる。

3問目 9月9日木曜日1-2限 実施

文「メアリーさんは きれいです。」があります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はBである。学生の回答はAが0名、Bが22名、Cが6名、Dが0名であった。「きれい」は「い」があるから間違えやすいが、イ形容詞ではなく、「きれいな」というナ形容詞である。

4問目 9月9日木曜日5-6限 実施

文「海で泳ぎます。」が あります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はDである。学生の回答は27人すべて正答のDであった。比較的分かりやすい問だったと思われる。動詞述語では文末が「ます。」であるが、学生の発話では名詞述語等との混同が起きて「×泳ぎです。」などがよく聞かれる。

5問目 9月14日火曜日実施

文「今日は寒いです。」があります。
A:この文は名詞述語文です。
B:この文はナ形容詞述語文です。
C:この文はイ形容詞述語文です。
D:この文は動詞述語文です。

正答はCである。学生の回答はAが1名、Bが2名、Cが24名、Dが0名であった。

6問目 9月16日木曜日実施

「赤い花」という表現が あります。

A:「赤い」が修飾語で、「花」が被修飾語です。
B:「赤い」が被修飾語で、「花」が修飾語です。

正答はAである。学生の回答は27人すべてが正答であった。漢字が手掛かりになったと考えられる。日本語は修飾語が前で、被修飾語が後ろになる。

7問目 9月23日木曜日実施

動詞「作る」は「作らない」「作ります」「作る」「作れば」「作ろう」と形を変えます。
A:形を変えることを修飾と呼びます。
B:形を変えることを活用と呼びます。

正答はBである。学生の回答はAが2名、Bが25名であった。日本語は動詞だけではなく、形容詞や助動詞も活用するので、学生には「活用」という言葉を知っておいてもらいたい。

8問目 9月28日火曜日実施

AとBのうち正しいものを選びなさい。
A:名詞は活用しますから、用言と呼びます。
B:名詞は活用しません。体言と呼びます。

正答はBである。学生の回答はAが9名で、Bが17名であった。9名も誤答したのは意外だった。日本語の名詞は活用しない。単数か複数かの区別も表記上現れない語が多い。名詞は活用しないのであるが、活用語の説明のときに「連体形」の語を使うので、「体言と呼びます」という部分を学生に認識してほしい。

9問目 9月30日木曜日実施

文1「私は学校に行きます。」
文2「私はご飯を作ります。」
A:文1は他動詞文で、文2は自動詞文です。
B:文1は自動詞文で、文2は他動詞文です。
C:文1と文2は両方、名詞述語文です。

正答はBである。学生の回答はAが4名、Bが20名、Cが2名であった。文末が「ます。」なので、名詞述語文ではないことに気づかなければならない。しかし、そのような文法知識からの判別ではなく、動作を述べていることから動詞述語文であることが分からなければならないだろう。動詞述語文でも自動詞文か他動詞文かは主語や助詞の選択に影響を及ぼす。学生にまず認識してほしいのは、他動詞はその動作対象を「~を」で表すということである。

10問目 10月5日火曜日実施 

文「私は水餃子を食べます。」があります。
A:「私は」が目的語です。
B:「水餃子を」が目的語です。
C:「食べます」が目的語です。

正答はBである。学生の回答はAが0名、Bが8名、Cが18名であり、誤答が多数を占めた。日本語は他動詞文の語順がSOVとなる。SOVとは主語、目的語、動詞の順番で文が構成されることを表している。英語のSVOとの大きな違いである。目的語とは、動詞の動作の対象となる名詞のことである。学生は「私は」が主語であることは分かったであろう。残るBとCのうち、動作の対象となる名詞は水餃子である。動作の対象であることを表すために助詞「を」が使われることも理解してもらいたい。

最初の10問の回答解説は以上である。次回以降はより日本語特有の文法問題をクイズにすることにしている。なお、学生諸氏には気を付けてもらいたいが、この文章は報告文であるから、文体に「だ・である体」を使っている。学生の作文でよくないことは、「です・ます体」と「だ・である体」を混合して書くことである。作文するときは文体を統一するように、いつも注意しなければならない。