我去韩国料理店吃了晚饭。”冬季戀歌”在日本新泻市 -3

こんにちは。わたしは 49さいの おとこの ひとです。にほんじんです。むりょうで にほんごを おしえています。ばしょは にいがたの クロスパルです。すいようびの ごご5じ30ぷんから、8じ30ぷんまでです。3じかん べんきょうしなくても 90ぷんでも いいです。にほんごを べんきょうしたいですか?わたしに れんらくを ください。

きょうは 晩ごはんに かんこくりょうりを たべました。おみせは 韓国村 冬のソナタ(かんこくむら ふゆのそなた)です。ばしょは ホテルイタリアけんの ちょっと 北です。下の すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。

37.925649,139.044568

ばんごはんですから、よるいきました。

i164

ここでは、スンドゥプチゲと イカチゲを 食べたことが あります。今日は おみせのひとに、おすすめの りょうりを ききました。おみせの 人は 「もち・ぎょうざスープ」が いいと いいました。だから わたしは それを ちゅうもんしました。

まず おかずと ビールです。きょうの おかずは よかった です。

i165

もち・ぎょうざスープが きました。 これが きょうの わたしの 晩ごはんです。

i166

ぎょうざの 中です。やさいが おおくて、ヘルシーです。

i167

かんこくの おもちも 入っていました。だいまんぞくです。みなさんも ぜひ 「かんこくむら ふゆの そなた」へ 行って、かんこく料理を たくさん 食べてください。

i168

お店のおすすめは最初、スンデだったのですが、飲みモードよりは食事モードなので、シクサですと言ったら、餅餃子スープを勧めてくださいました。食べての感想ですが、おそらくご自身で包まれたか、とにかく手作り餃子でした。アンはニラとキャベツがたくさん入っていて、とってもヘルシーな餃子でした。肉で油ギトギトの餃子より、はるかに良いですし、スープの塩加減もよかったです。韓国料理と言えば辛くないとパンチが効かない感じがしますが、今日はパンチャンのキムチが良い辛さで、餃子スープのマイルドさを補ってくれました。わたし、なんだか、こちらのお店にだんだん惹かれてきたような気がします。うーん浮気者。

我去中国料理店吃了晚饭。腾翔饭店在日本新泻市 -3

こんにちは。わたしは 49さいの おとこの ひとです。にほんじんです。むりょうで にほんごを おしえています。ばしょは にいがたの クロスパルです。すいようびの ごご5じ30ぷんから、8じ30ぷんまでです。3じかん べんきょうしなくても 90ぷんでも いいです。にほんごを べんきょうしたい人は、れんらくを ください。

きょうは 晩ごはんに 中華りょうりを たべました。おみせは 騰翔飯店(とうしょうはんてん)です。ばしょは ほんちょうの しょうてんがいです。イトーヨーカドーまるだいのちかくです。行きたいひとは、下の すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。

37.919896,139.046470

春節の 長い お休みの あと、とうしょう飯店さんが かえってきました。わたしは うれしかったです。

i159

にほん酒 一合(いちごう:180ml)を たっぷり 入れてくれました。

i160

肉だんごの あんかけ ていしょくです。

i161

おおきな 肉だんごが たくさん はいっています。

i162

ぜんぶ 食べたので とても おなかが いっぱいに なりました。みなさんも 本町の とうしょう飯店へ 行って、中国りょうりを たくさん 食べて ください。

i163

 

本町商店街の南側の出口にある中華料理の「騰翔飯店(とうしょうはんてん)」で夕食を食べました。新潟の中国料理店の方は、北の方から来られた人が多いのかなと思いましたが、ちょっと意外なお話を伺いました。また行きますよ~。

Dinner in Thai Food Restaurant “KORTAI” in Niigata, JAPAN-2

Hi, this is the website for “0 yen! Japanese Lesson”. Come to my class in “CROSS PAL NIIGATA” in Ishizuecho, Niigata. Please check the latest information on this site. Note that even though my class is “Mian Fei! Ri Yu Jiao Shi” in Chinese characters, my Japanese lesson is not only for Chinese, but for everyone who wants to learn Japanese language.

 

Tonight I went to Thai food restaurant “KORTAI”. It is near ANA Crown Plaza Hotel Niigata. I have been once there in lunch time. After my first visit, I went there twice, but the restaurant was being closed. I heard from a person in Chad, in January, that now Kortai opened only in night time, not in lunch time. So I went there in the evening today.

Actually it may be difficult for you to get there. There is a road toward northeast with angle from the road in front of Rahmen Jiro. There are two restaurants in one building on the left hand side, One is Tempura(てんぷら はせ川) and the other is BBQ(ほるもんやきにく椿商店) restaurants. turn left that corner, you will see yellow rectangular on your left.The longitude and latitude are ;

37.918164,139.060669

But google street view does not show you the very front of KORTAI because the road is very narrow. Anyway I went there just after sunset.

i154

TV showed me a music video clip. You can see a glass of sinful liquid with white bubble on top. Its name is beer.

i155

I ordered Gapao Rice. The lady in the restaurant told me to pour fish sauce or Nampura onto egg.

i156

Yes I did what she said.

i157

It was so nice. I strongly recommend you eating Thai food in “KORTAI” in Niigata.

i158

まだ英語での紹介がすんでいませんでした。前回はグリーンカレーだったので、お店の人のおすすめでガパオライスを食べてみました。「辛いの大丈夫?」と何度か念を押されましたが、辛さはさほど感じませんでした。とても美味しかったです。わたし的には、近くの某ラーメン屋で行列するくらいなら、こっちの方が良いと思います(いや、だから個人的見解ですので、、、)。ナンプラーの臭さって、これはやみつきになって良いものでしょうか・・・。また行きたいですね、クワタイ。

晚饭在中国料理店”安家”(日本新泻市)-2

こんにちは。わたしは 49さいの おとこの ひとです。にほんじんです。いま むりょうで にほんごを おしえています。ばしょは にいがたの クロスパルです。まいしゅう すいようびの よると、どようびの ごごに おしえています。にほんごを べんきょうしたい人は、れんらくを ください。

きょうは 晩ごはんに 中華りょうりを たべました。おみせは 安屋(やすや)です。ばしょは にいがたじまの、りゅうと大橋の どうろから ちょっと 北に 行きます。行きたいひとは、下の すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。

37.928637,139.052982

おみせの まえの しゃしんです。

i149

これは ちゅうごくの おさけ じゃ ありません。日本の おさけです。

i150

とり肉を からく いためた りょうりの ていしょく です。

i151

アップの しゃしんです。からさが ちょうど よかったです。

i152

ぜんぶ たべました。みなさんも 安屋へ いって、ちゅうごく料理を たくさん 食べて ください。

i153

 

英語での紹介が終わったお店の2巡目は、やさしい日本語を復活させます。今日は飲み放題の人達がいて、「食べ物は要らないけど、もっと飲む」とかいって、次々飲み物だけ注文していました。赤字にならないことを祈ります。先日は「中国人来吗?」をなんとか理解していただいたので、今日は「请问,您是什么地方来的? 北方人还是南方人吗?」とまあ、ここまで聞いて見たかったのですが、とても忙しそうだったので、聞きそびれました。

業務記録:Feb24-Mar2, 2019

<個人的なログです>

■ 個人授業1:2時間:教材「できる日本語 初中級(黄色)」

学習者の都合によりお休み。こちらも風邪をひいたので、正直、助かりました。

 

■ 個人授業2:2時間:教材「Genki I」13章

教材および教案作成に7時間。私個人が教えている学習者ではないので、授業の詳細は省略。

 

■ 個人授業3:1時間半:教材自作だが、みんなの日本語の練習Aに準拠

1回:教案・教材作成は9時間。正味83枚のパワーポイントを作成。PPTの中身は1)お金などの数字の数え方の復習。2)語彙導入。3)「これ/それ/あれ」のメカニカルな練習。4)できる日本語初級1-1から会話の一部。4)は以前の未消化分であり、再使用。したがって、これでも時間がかからなかった方だろう。語彙導入やメカニカルな練習では、パワーポイントの持つ圧倒的な力が発揮されたように感じた。「こそあ」練習は、前回はできる日本語の別冊のイラストを使用したが、使いづらさを感じたので、今回は自分でイラストを描いた。学習者は思ったより「これ」と「それ」の切り替えが上手くいくようだった。会話スクリプトをだんだん穴あきにしていく所では、ついて来られなくなるのではと予想していたが、思ったより台詞をおぼえていた。

2回:教案・教材作成は10時間。正味67枚のパワーポイントを作成。PPTの基本的な骨格は、前半は場所のこそあである「ここ/そこ/あそこ」の定着をはかる練習、後半はみんなの日本語3課の会話、マリアさんがワインを買いに行くスクリプトでの聴解。新語導入は前半後半それぞれで実施。前半は、名詞述語文の形式での存在の表現なので、3課にある存在の文型も導入。「ここ/そこ/あそこ」の練習にはできる日本語の別冊の絵を使った。5頁の第2課、1どこですか、四角2-1①のエレベータの絵が、学習者にはトイレに見えたようであるが、エレベータには3人乗っている絵になっている。思わず”Looks like three genders”と言ってしまったが、場合によっては不適切発言かもしれない。学習者は眠そうにしており、記憶力が鈍っているのか、新語を繰り返し登場させてもなかなかおぼえなかった。後半の会話の方は時間が足りず、十分にはできなかった。みんなの日本語初級Iの3課の会話には、まだ動詞文をやっていないのに「Vテください」が出てくる。会話の状況から、さほど難しくもないだろうと思っていたが、まだ名詞文しかやっていない学習者にとってはウルトラスーパー不可解だったらしい。

 

■ 個人授業4:2時間:初回のため様子見

正味164枚のパワーポイント、というと大げさに聞こえるが、学習者3のために作ったものをつなげただけであるので、微調整を含めても教材教案作成は2時間弱で済んだ。こんな所に個人情報は書けないが、上記の学習者1、2、3とは異なる学習者としての特性を有しているので、貴重な体験をさせていただくことになった。ひらがな、カタカナはほぼ読めるが、文法をどれだけ体系的に学習しているかは確認できなかった。今後じっくりお付き合いしたい所だが、お互いのスケジューリングがうまく行かないようである。

Dinner of Curry and Nan at “Asian Dining&Bar ROYAL” in Furumachi -2

Hi, this is the website for “0 yen! Japanese Lesson”. Come to my class that is taken place in “CROSS PAL NIIGATA” in Ishizuecho, Niigata. Please check the latest information on this site. Note that even though my class is “Mian Fei! Ri Yu Jiao Shi” in Chinese characters, my Japanese lesson is not only for Chinese, but for everyone who wants to learn Japanese language.

Tonight I went to “Asian Dining&Bar ROTAL” in Furumachi, Niigata. Please find the place using the following latitude and longitude on Google Maps

37.921036,139.044338

Their website:Asian Dining&Bar ROYAL(ロイヤル)

Actually I am a little busy right now. I cannot write comments for these photos. Anyway, please go there and eat a lot of Curry and Nan.

i143

 

i145

 

i146

 

i147

 

i148

業務記録:Feb17-23, 2019

<個人的なログです>

■ 個人授業1:2時間:教材「できる日本語 初中級(黄色)」

言い訳にはならないが、日曜日に確定申告書類を作成して税務署に持って行ったので、教案作成時間があまりなかった。教案作成に3時間。

流ちょうさを改善する試みとして、自国の観光アピールができるように、原稿を作成している。本人が気に入る内容かどうか、渡して、チェックするように言った。もう一つ、会話の練習の方は、読みの練習をしたのはもちろん、それに加えて会話文に多用される終助詞のおさらいもした。「よ」「ね」の使い分けが難しいらしく、教えてあげたが、次回運用確認したいと思う。

今回はテスト前最後のレッスンなので、メインは黄色い本を丸ごと一冊。もちろん2時間で全部できるわけはないので、文法ポイントを1から121までリストにして、運用確認して、できなかったところをテストまでに自分で復習してね、という形にした。運用可能かどうか調べる例文をその場で考えたので、思うように進まず、2/3ほどで時間終了。全部できなかったというのは、その場での例文作成能力・経験が私に不足していること、であれば事前準備でカバーすべきであったこと、などが反省点である。結果を渡したので、テスト対策に役立てばと思う。

 

■ 個人授業2:2時間:教材「Genki I」13章

前回想定した人が来なかったので、先週準備した教案を使おうと思ったものの、やはり改善すべき点が多々あったため、手直しに2時間。従って教案作成に5時間。私個人が教えている学習者ではないので、授業の詳細は省略。

 

■ 個人授業3:1時間半:教材自作だが、みんなの日本語の練習Aに準拠

1回:前々回の教材の使い残しが大量にあったため、教案・教材作成は2時間ほどで済んだ。文字指導は漢字を8字。語彙導入なし。名詞述語文をずっとやっているが、人物属性を表す名詞述語文がまだ運用できないので、こそあ・場所・時を含めた表現に進めない。前々回に引き続きみん日1課の練習問題に取り組んだが、代入練習が上手くいかない。語彙レベルで理解につまづいている可能性もあるが、それに加え、文を構造として捉え、その固定部分と可変なパラメーター部分とを区別認識し、代入練習をするということ自体が飲み込めていないようだった。ほとんど進まず、正直言ってこちらも参ってしまった。

興味深いことに、副助詞の「も」の運用がなかなかできない。英語の”too”、中国語の”也”などもきわめて初期に導入される語であるが、これらは文に新たに付加される語であるのに対して、「も」の場合は元から文にある「は」と入れ替えになるところが難しいのかもしれない。

2回:教案・教材作成は4時間。文字指導は漢字を11文字。語彙導入なし。語彙導入に関しては、パワーポイントでのプレゼン形式の授業をやるときに写真を見せて導入するのが効果的なので、紙ベースのレッスンの時は語彙導入をなるべく避けて、省力化を図ることにしている。人物属性の名詞述語文という基礎の所でつまづいているので、文型構造および繋辞の機能を理解させた上で、可変なパラメーター部分については、主部はひとの名前が入り、述部は名前、国籍、職業、年齢が入る文で練習させた。運用はともかく、何とか理解まではこぎ着けたようである。ここまで来るのにほぼ一ヶ月を要したことは、私の教え方の未熟さに原因がある。無駄になった時間を考えれば言い訳にもならないが、ここまで文構造をばらばらにして文法的に組み上げる教え方には、私としては抵抗があった。

3回:教案・教材作成に2時間。まだ以前に作ったものの残りがあるので教材作成に時間がかかっていないが、何としても人物属性を表現する名詞述語文の定着をはかりたいので、その練習部分を教材に盛り込んだ。文字指導は漢字を6字。これは曜日の漢字なので、語彙導入としては曜日。授業本体は、とにかく名詞述語文のパタプラに努めた。思ったより進んで、準備したハンドアウトは使い切った上で、年齢を尋ねる表現を追加して練習した。「こそあ」の導入の取っ掛かりとして「あの」は理解してもらえたかもしれない。日本語は、主語が分かりきっているときは主部が省略されて述部だけになることがあると説明した。「の」の導入「AはBのCです」は理解できたかもしれない。