Hello to my Students on Apr. 16, 2022: Sprouts of Carrots came out of the Ground

Sprouts of Carrots have just come out from the Ground in Niigata, Northern Part of JAPAN

みなさん、こんばんは。

 今日、私のいるところは午前中は雨で、午後から晴れました。
 そして、私の畑でニンジンが芽を出しているのを見つけました。
 去年もニンジンを植えましたが、除草、間引き、追肥などの世話をしなかったので、収穫量がほとんどありませんでした。今年は仕事の合間にせっせとニンジンの世話をして、たくさん収穫したいです。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Apr. 12, 2022: Flowers of SAKURA

Cherry Blossom on the River Bank in Niigata, Northern Part of JAPAN

Cherry Blossom “SAKURA” at Close Look in April, in JAPAN

Cherry Blossom with Gozu Mountain behind

みなさん、こんばんは。

 私は今日の午後、作文の添削を5人分やった後、ちょっと外に出て桜の写真を撮って来ました。気温が高いので、散り始めています。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Apr. 11, 2022: Grownup Vegetables have got Yellow Flowers on Top

Narcissus Flowers in my Garden

Yellow Flowers of Grown Green Vegetable

みなさん、こんばんは。

 今日も一日気温が上がって暖かな日でした。
 下の写真は私の畑の菜花です。アブラナ科の野菜は、最後はみんな、こうなります。塔が立って、黄色い花が咲きます。黄色い花は食べませんが、今も蕾(つぼみ)が どんどんできますから、毎日畑から摘み取って、せっせと食べています。ほんのり苦みがあって、おいしいです。今日はこの菜花の蕾を近所の人にあげました。その人には春の味覚を楽しんでもらえたらいいなあと思います。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Apr. 10, 2022: Peach Flowers in Pink

Not Sakura but Peach Flowers in my Garden

みなさん、こんばんは。

 今日も一日仕事で外へ出ることができませんでした。今日はとても天気がよく、気温も上がりました。 桜も開花したのですが、外に出る時間がなかったので、写真を撮っていません。代わりに、私の庭の桃の花を写真に撮りました。
 私の庭には2本桃の木があって、白鳳と大久保という品種です。毎年実がつきますが、熟す前に落ちてしまうので、収穫はいつもありません。
 みなさんの実家で桃を栽培している家はありますか?実が熟すまで落ちないようにする工夫があれば、教えてください。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Apr. 3, 2022: Traditional Japanese Song “Sakura”

Not Sakura but Ume Flowers in my Garden

みなさん、こんばんは。

 私のところでは、まだ桜は咲いていません。梅が満開です。 夕方撮った写真ですので、あまりきれいに写りませんでした。 まだ咲いていない桜ですが、日本古謡の「さくら」を録音したのでアップします。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Apr. 2, 2022: Buds of Cherry “Sakura”

Iide Mountains among Yamagata, Fukushima, and Niigata Prefectures of JAPAN

Buds of Cherry Flowers in Niigata

みなさん、こんばんは。

 きょう、こちらはとてもいい天気でした。午後1時間ほど散歩に行きました。 東京では、今週末で桜は終わりのようです。 しかし、新潟は寒いところですから、桜は まだ つぼみです。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Hello to my Students on Mar. 28, 2022: Green Vege from my Garden

Green Vegetable from My Garden (Cucumber is not)

みなさん、こんばんは。

 私はまだ明日のPPTができていないので、泣きそうになりながら作業しています。 以前、小松菜のお味噌汁の写真をアップしましたが、私の畑では 今、菜花(なばな)も最盛期です。 つぼみの部分はサラダでも良いくらい柔らかいのですが、私はすこしだけお湯に通します。 そうすると緑色が鮮やかになります。でも茹ですぎは厳禁です。 菜花の後ろにある白いものがマヨネーズです。胡瓜は店で買ったものです。

 さあ、今晩は何時ぐらいまで仕事をするでしょうか、、、


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。

Class Activities Record of “Japanese Conversation 4”: 8th-class in Spring Semester 2022

教科名:日語会話4

対象:外国語学院 日本語学科2年生

教科書:新経典日本語 会話教程 第二冊、第2版 第9課~16課 

実施日時:(第8回目、第10課の3回目)
A組 3月23日(水) 08:10~09:30、27名出席
B組 3月25日(金) 08:10~09:30、26名出席、1名欠席


1.授業前の出欠クイズ

問い:次の文の下線部_ には、何が入りますか。

文:あした 雨 _ 降ったら、運動会はありません。
A:が
B:は

正解はAです。

A組:回答27名:正答A27名、誤答なし
B組:回答26名:正答A25名、誤答B1名

 ほとんど全員が正答でした。「雨が降る」ことは「運動会をしない」ことの条件です。条件節の中で、何がどうなるのか示さなければなりません。ですから、主語をはっきりと特定する「が」を使います。


2.前回の復習

① 様態「そうだ」の分類:趨勢、予測、外観
② 「動詞/イ形/ナ形/名詞+ようだ」の接続


3.ようだ(例示):基礎会話3

・クイズ1問目

オレンジ問題
正解はC=意志的な行為です。Aと紛らわしいことは確かだと思います。
回答者13名、正答C10名、誤答A1名、B1名、D1名

黄色問題
正解はA=動作の目的です。Cと紛らわしいのですが、タクシーで行くという動作の目的は会議に間に合わせることです。
回答者14名、正答A11名、誤答B1名、C2名

緑問題
正解はD=推測、判断です。
回答者13名、正答D12名、誤答B1名

水色問題
正解はB=事態の帰結成立です。
回答者13名、正答B6名、誤答D5名、C2名

クイズ1問目:「ようだ」の各種用法


4.応用練習2:「みたいだ」比喩

「みたいだ」は話し言葉で使います。「天使のようだ」は「天使みたいだ」になります。「の」がないことに気をつけます。


5.ちょっと腕試し
促音「っ、ッ」
・小さい「っ」の1つ分の長さがあります。
・日本語の発音では「拍の等時性」と言って、長音「―」、撥音「ん」、促音「っ」も同じ1拍長さがあります。
・促音「っ」は、次の子音の準備をして、1拍です。
・次の子音が破裂音なら、破裂の準備で気道が閉じていますから、無音の1拍です。
・次の子音が摩擦音なら、気道は閉じませんから、摩擦の息が漏れて1拍です。


6.典型の「らしい」

・基礎会話4で練習しました。「らしい」は次の11課で出てくる推定の「らしい」が重要です。基礎会話4では「ばかり」を使っていますので、クイズ2問目は「ばかり」の2用法について質問しています。

・クイズ2問目

オレンジ問題
田中さんは 自分の意見ばかり言って、人の意見を聞きません。
正解はBです。自分の意見を言うこと1つに偏っています。 回答者13名、正答B11名、誤答A2名

黄色問題
宿題はさっき、30分前に 終わったばかりなんです。
正解はAです。30分前ですから、終わった直後です。
回答者14名、正答A12名、誤答B2名

緑問題
髪の毛は 先週 切った ばかりなんです。
正解はAです。髪の毛を切る頻度を考えると、先週切ってからの時間は短いと考えてよいでしょう。つまり、動作の直後です。
回答者13名、正答A13名、誤答なし

水色問題
吉田さんは 毎日 仕事して ばかりいて、ぜんぜん休みません。
正解はBです。仕事ひとつに偏っているということです。
回答者13名、正答B10名、誤答A3名

クイズ2問目:「ばかり」の2つの用法


7.ここまでのまとめ
第10課に入って3回授業をしました。助動詞など、いくつか学びましたので、頭の整理のために、まとめをしました。
10課1回目 様態「そうだ/そうです」←→伝聞「そうだ」
  ・様態の外観の「そうだ」
  ・様態の予測の「そうだ」
10課2回目「ようだ/ようです」
  ・比喩の「ようだ」 
10課3回目(今回)
  ・例示の「ようだ」
  ・比喩の「みたいだ」
  ・典型の「らしい」


8.宿題と終わりの作文

・宿題の暗記文
<まだ、ここに書くことはできません。>

・終わりの作文

Task:「みたいだ」が比喩を表す文を作りなさい。
 N1は[理由](ので,から,て/で、)、
まるで N2みたいなんです。
例1:李さんは 運動神経がいいので、スポーツを始めると、まるで水を得た魚みたいなんです。
例2:今日は 35度もあるから、まるで 真夏みたいなんです。
例3:妹は 髪が短くて、まるで 男の子みたいなんです。


雑記:
 典型「らしい」については、差別的ステレオタイプを助長しそうな表現になりますので、私はあまり取り上げたくなかった用法です。次の11課で推定の「らしい」が出てきます。こちらの方が重要ですので、そのときにしっかり教えようと思います。教科書ライターは同じ「らしい」の別の用法と言うことで、典型「らしい」を無視できなかったのでしょう。しかし、典型「らしい」は「ようだ」「そうだ」からは少し浮いた感じがします。助動詞の効率的な習得を目指すなら、取り上げなくても良いように思います。

 日本語は時制によって語形変化します。2年生の後半ではありますが、その点をまだ理解していない学習者がいました。時制に係わる語形変化は母語にありませんから、適切に教えられ、適切に習得しなければ、学習者にとってはまったく想像外のことになるでしょう。母語では想定されない、したがって、これまでの自分の思考・経験からはまったく理解できないものを認知して、新たに技能として習得しなければいけません。これが第二言語習得の難しいところだと思います。
 母語になくて第二言語にあるような事柄も抵抗なくどんどん吸収する人がいたら、そういう人は、第二言語習得が得意でしょう。しかし、私の学生を見ても、そのような学習者はごく少数だと思います。もう一方の極端な例は、母語になくて第二言語習得で遭遇する新しい概念は、受け入れて習得するどころか、認知の扉から弾き返してしまうタイプの学習者です。このタイプはある程度いるように感じます。だから、私に必要なのは、なんとか学習者の認知の扉を開けさせて、その隙間から、日本語の特有の考え方や使い方を学習者が取り込めるようにしてあげることだと思っています。

Class Activities Record of “Japanese Conversation 4”: 7th-class in Spring Semester 2022

教科名:日語会話4

対象:外国語学院 日本語学科2年生

教科書:新経典日本語 会話教程 第二冊、第2版 第9課~16課 

実施日時:(第7回目、第10課の2回目)
A組 3月22日(火) 08:10~09:30、27名出席(遅刻3名)
B組 3月24日(木) 08:10~09:30、26名出席(遅刻2名)、1名欠席


1.授業前の出欠クイズ

問い:次の文の下線部_ には、何が入りますか。

文:明日は 雪が_ 、必ず行きます。
A:降って
B:降っても

正解はBです。

A組:回答23名:正答B16名、誤答A7名
B組:回答24名:正答B21名、誤答A3名

逆接の「~ても、」の問題は毎回間違いが多いです。今回は正答率がかなり高かったとみるべきです。「~ても、」が使えない理由は、きちんと教えていないということなのですが、少し分析すると、次のようなことが言えそうです。

① 教える側が「~て/で、」を使えば何でもつなげられると学習者に思わせている可能性があります。「~て/で、」万能主義みたいなものです。
② 学習者では、使える接続助詞が「~て/で、」だけの人も多いようです。
② 接続助詞には順接と逆接の区別があることを教えず、わかりやすい順接の接続助詞だけ教えて、逆接の接続助詞は後回しか教えないままになります。そうではなく、みんなの日本語の25課のように、順接「たら、」と逆接「ても、」を対比させて教えるなどの工夫が必要です。


2.前回の復習

① 動詞、イ形、ナ形+様態「そうだ」の接続
・「よい」「いい」「ない」+そうだ
・「かわいそうだ」は意味が違うナ形容詞です。

② 様態「そうだ」の分類:趨勢、予測、外観

・クイズ1問目

オレンジ問題
(様態) ことしは桜の花が早く咲[き]そうです。
 正解はCです。Dと答えると伝聞になります。
回答者13名、正答C13名、誤答なし

黄色問題
(様態) 彼はすることがなくて、ひま[ ]そうですね。
 正解はAです。Bの「な」を使うのは「そうだ」ではなく「ようだ」の時です。CやDで答えると伝聞になります。
回答者14名、正答A14名、誤答B1名、D1名

緑問題
(様態) 風が強くて、木が倒[れ]そうです。
 正解はBです。Aの「り」を選んだ人は母音の「イ」と「エ」が区別しにくいのだと思います。
回答者13名、正答B11名、誤答A2名

水色問題
(様態) そのセーターは、きれいだし、あたたか[ ]そうですね。
 正解はDです。Bの「いだ」を選んだ人はイ形容詞述語文の普通体の文末が「い。」で終わることを習得していません。この水色問題にはすこし問題があって、イ形容詞「あたたかい」とナ形容詞「あたたかな」が存在します。学習者はどちらなのか迷ったと思います。
回答者13名、正答D11名、誤答B1名、C1名

クイズ1問目:様態「そうだ」の文


3.応用練習1:「そうだ」外観

「形容詞+様態そうだ」の練習をしました。また、友だちの家族の呼び方と、自分の家族の呼び方を少し復習しました。


4.ちょっと腕試し
「の」の使い方
① 名詞1の名詞2
② 用言を体言化する「の」
①と②に当てはまらない間違いがあります。「動詞+名詞」にしたいとき、間に「の」を入れてはいけません。動詞を名詞の前に置くとき、動詞を辞書形、タ形、ナイ形などに活用させます。


5.「ようだ/ようです」

・①比喩、②例示、③推定
・「動詞/イ形/ナ形/名詞+ようだ」の接続

・クイズ2問目

オレンジ問題
・李さんが はいているよう[な] 靴がほしいです。
 正解はDです。「ようだ」はナ形容詞型の活用をしますから、名詞「靴」の前に置くときは「な」になります。Bを選んだ人は、名詞の前に「の」を置きたくなるのかもしれません。
回答者13名、正答D10名、誤答B3人

黄色問題
・音楽が、流れるよう[に] 聞こえてきました。
 正解はCです。「ようだ」はナ形容詞型の活用をしますから、動詞「聞こえてくる」の前に置くときは「に」になります。
回答者14名、正答C9名、誤答A3名、B2名

緑問題
・このジュースの味は バナナのよう[です] 。
 正解はAです。
回答者13名、正答A12名、誤答B1名

水色問題
・佐藤さんの浴衣の色は、まるで 深い海のよう[だ]と思いました。
 正解はBです。Aの「です」を選んだ人は、発話・思考内容を受ける「と」の前は普通体の文末と同じ形になることを習得していません。
回答者13名、正答B11名、誤答A2名

クイズ2問目:「ようだ」とその後の言葉との接続


7.比喩「ようだ」:基礎会話3
 基礎会話3は比喩の「ようだ」と例示の「ようだ」が含まれますが、時間の関係で比喩の方だけ練習しました。


8.まとめ

・今日のまとめ
「動詞/イ形/ナ形/名詞+ようだ」の接続

・宿題の暗記文
<まだ、ここに書くことはできません。>

・終わりの作文

Task:「ようだ」が比喩を表す文を作りなさい。
    N1は N2のようなN3です。
例1:スモモは小型の桃のような果物です。
例2:日本列島は右を向いた恐竜のような形です。
例3:ルームメイトは 仲が良くて、家族のような人たちです。


雑記:
 今回は「ようだ」を導入しました。時間の関係で、比喩の用法の練習だけをしました。そのため、終わりの作文も比喩の「ようだ」で作文してもらったのですが、一部の学習者は例示の用法で文を作りました。授業後のフィードバックで、そのような学習者には指摘しています。
 その終わりの作文の文型ですが、N3までは要らなかったと思います。「N1はN2のようです。」という文型でも、比喩「ようだ」の習得確認には十分だったように思います。
 1限目と2限目の間には、いつも写真を1枚見せています。今回の写真は田んぼの前に看板があって、空き缶の投げ捨てをしないようにという文言がありました。空き缶が「空缶」と表記されていたので、学習者に読み方を聞いたところ、この2年生だけでなく、3年生も含めて全員「クウカン」と音読みしました。確かに漢字2文字の言葉は2文字とも音読みすることが多いのですが、まれに「訓読み+音読み」する湯桶読みの漢字言葉、「音読み+訓読み」する重箱読みの漢字言葉があることを説明しました。
 ただし「空缶:あきカン」が厳密に湯桶読みの言葉といっていいのか、私はわかりません。「空き缶」の送り仮名「き」の表記を省略しただけの、「見かけ上 湯桶読み言葉」なのかもしれません。しかし私としては、漢字語の読み方の複雑さを知ってもらえればと思って、学習者に説明しました。

 クイズの時に寮部屋で答えを教え合うことを防止するために、今回から問題を4種類にしました。これは前学期やっていた方法です。採点と集計が大変になりました。しかし個人個人の弱点を明らかにするためには、教え合いを防がなければなりません。

As if Talking to my Students on Mar. 22, 2022

Sasanqua-Camellia in my Garden along the Border with Private Community Road

みなさん、こんばんは。

 写真は私の家の山茶花(サザンカ)です。今が満開です。 しかし、散った花びらが周りに広がってしまいます。 昨日、近所の家から、散った花びらを掃除しなさいと、苦情が来ました。 このサザンカが生け垣(いけがき)として、25本あります。 植物ですから、どうしても葉や花びらが落ちます。

 老母と相談して、サザンカの木は切って、人工物の塀を建てることにしました。 今日はそのことで工務店に電話をしました。 きれいな花を咲かせるサザンカの木を切ってしまうのは、残念です。 しかし、管理が不十分だと近所から言われれば、仕方ありません。


この写真と文章は、私の学生たちとのコミュニケーションの一環として、Dingtalk上に掲示したものです。