Online Teaching for Class 1836 (Composition) on June 23, 2020

Date: June 23rd on Tuesday, 2020 from 15:30 to 17:00 (16:30 – 18:00 in JST)

Course: Japanese Basic Composition 2

Used app: Video Conference on DingTalk. BBS was supplementary used to show pictures that were materials for composition. Powerpoint was hardly used during the class today, it is used for generate PNG image files to be shown on BBS.

Numbers of Students:

  – Numbers of attendance by self-claiming onto BBS: 27 students left inputs of “Shusseki”

  – Numbers of attendance that was confirmed on the Video Conference window: 26 students were confirmed to be connected to the video conference.

Class Activities:

 -1: Materials for composition was given to the students at the beginning of the class. It was page53 -56 of “Iryouno koto, Motto shitte hoshii” by Mr. Junichiro YAMAOKA that was No.637 book of “Iwanami Junior Shinsho”. For the better understanding, a mp3 audio was also given to the students, which was recorded by the teacher’s voice.

 -2: The students wrote a short essay to describe his/her expressions to the above mentioned reading materials. The students were required to take a photo of their hand writing and send it to me just after the class.

 -3: Each student was called to the conference and asked to read part of his/her paper for one minute and thirty seconds. Teacher gave him/her advice on grammar and/or pronunciation.

Homework:

To draft a memo that will be read in 1-minute speech in the next class. The speech is about his/her paper about tourism of a particular prefecture of Japan.

Issues and Problems:

The composition material was a serious one from the book, which wrote about a terminally ill patient who was brought back to her house to spend the very last days of her life with her family in the long-lived house. The students’ submissions to me were delayed, even one day. Some students could not write essays probably because the article was a little hard to understand for the middle to low level students. 

日本語の投稿はないんかい、ゴルァ!

<学生のみなさんへ、この投稿の日本語を真似しないでください>

しばらく忙しい日々が続いている。寝る時間以外はほぼすべて仕事関係の作業をしていて、まあそれが日本語まみれなものだから、あえて日本語の文章を書く気にもならないのが実際のところ。

屋内の暖房が始まった。そのためであろうか、寒い外気を避けて、テントウ虫が私の部屋の中にたくさんいる。彼らはなぜあんなに丸いのか。半球状の体は、何の利点があって、あんな形に進化したのか。上下反対になって絶命されているテントウ虫さまも、床にごろごろしている。部屋の掃除をすべきだが。

虫と言えば、ここに入居した時から、便所虫というのか、羽のついた虫が洗面所にいた。ハエならば、動きが速く、すばしこい。しかし、便所虫は動きがのろい。ちょっとやそっとのことで飛び上がったりしない。こちらとしては、まちがって水を掛けたりして殺してしまわないか、ひやひやものである。自分が死ぬときはどうだろう。怖いだろう。痛いだろう。暗いだろう。死ぬのは嫌だ。しかし、私が何かの拍子に水か何かぶっかけてしまって、便所虫が死んだら、彼/彼女も同じ恐怖を味わうのだ。それを考えたら、便所虫よ、ハエのようにもっと機敏に動いてくれ、と願わずにはいられない。

昨日、八百屋で大きなキノコを見つけた。日本でいえば、ヒラタケが巨大化したようなもの、と言えるだろうか。さっそく購入して、私の得意の野菜汁に入れてみたが、大してキノコの味や旨みがない。日本にいたときは、野菜たっぷり味噌汁にエノキかシメジを入れていて、たまに奮発してマイタケやヒラタケを入れてみたりした。それで「奮発」ってスケールが小さすぎるわけだが。昨日買った大ぶりなキノコは大ぶりなだけで、ヒラタケのような旨みはなかった。しかし、この国の料理は何でも味付けを濃くして、素材の味なんてどうでも良いのだから、これで良いのだろう。

この程度の日本語ならぽんぽん出てくるが、今学期もこれからどんどん忙しくなるので、日本語の投稿が増えるかどうかは、分からない。

今、日本にいません。

日本語教師になろうと思って関東に出てみたものの、いまいち根性が出てこないし、「日本語教師の集い」の掲示板でよく「ブラック日本語学校」とか書いてあるのを見たら怖じ気づいたりしたし、それに通勤に電車で1時間2時間かけたりするのも時間がもったいないと思った。日本語教師養成講座の学校へ就職相談に行ったら、「それなら、海外の求人に応募しても良いんじゃない?」といわれたので、6月から手続きをごそごそやって、今週とうとう某国の某大学の日本語科に就職した。今までの教授経験がなかったため、いろいろ紆余曲折あっての就職だったが、いよいよ明日初めての授業である。まだ準備は完璧ではないので、これからPPTの手入れをする。クラスで一番優秀な学生に明日のPPTを先ほど見てもらったのだが、かなり難しかったようなので。

ところで、このブログに学生向けの宿題の指示などを載せたりするかもしれない。ブログの趣旨とは異なるが、学生との通信手段が確立されていないので、その際はご勘弁願いたい。あわただしく日本を離れたため、新潟の多くの人たちに挨拶・報告ができていない。ネットに安定的につながるようになれば、懐かしい人びとに近況報告したいと思う。

i284

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なにか比較になるのかといえば、難しいが、、、。

 

長岡:フレンドの「イタリアン」

実家にある大事な書類を取りに行く必要が生じて、またまた新潟に帰ることになった。もう2回目である。こんなことなら引っ越しなんてしなければ良かったと後悔しきりである。電車賃だけでも相当な家計の圧迫である。

ということで、長岡で電車の乗り継ぎ時間が生じた。ちょうどお昼時だったため、駅構内の1階にあるフレンドへ。・・・一応公式には終了した私の新潟食べ歩きに、みかづきの「イタリアン」が登場しても、良かったはずである。なぜそれができなかったのか自分でもよく分からないが、要するに時間を有効に使うことにおいて、優先順位が低かったのだと思う。もちろん、私にとっての新潟のB級グルメ、じゃなかった、ソウルフードはみかづきのイタリアンである。小学校のとき、文化祭ではなぜか、みかづきのイタリアンを食べることがお約束だった。じゃあなんで新潟のみかづきの「イタリアン」じゃなくて、長岡のフレンドのイタリアンか。特に理由はない。電車の待ち時間に食べることができたから。

新潟の隠れ名物「イタリアン」でおなじみの長岡市のフレンド公式ページ!

ということで、長岡駅構内COCOLOの1階。

i276

ノーマルなイタリアンは330円だったが、それでは夜までの腹持ちや如何、てなことで、ハンバーグ・イタリアン430円也を購入。

i277

麺リフト。ラーメンではないが。

i278

ちなみにハンバーグの断面は以下の通り。ソフトでジューシーと言えば聞こえは良いが、お肉の含有量は少ないかもしれない。けだしファストフード店にて提供しうるハンバーグの限界たるところか。

i279

++++++ 場面が変わります。ふつうは別のポストにすると思いますが +++++

さて長岡から電車に乗り、用事を済ませて夕刻には新潟へ移動。タイ料理の「クワタイ」さん。営業していて良かった。お昼営業も復活したようです。

i280

一日の疲れを流す一杯。デジカメの焦点はお姉さんの方に合っているかも。

i281

やはり、グリーンカレーでしょう。浮いているのは茄子。

i282

麺リフトならぬ、カレーリフトwithご飯

i283

グリーンカレーの量がちょっと多かったので、生ビール一杯では足りなくて、焼酎水割りを2杯目に。すっかり酔っ払って、帰りは何が何だかよく分からなかったが、一応帰宅して米をといで、寝た。

秋葉区:新津「おばな家」のちゃんぽん

気がつけば、6月はブログポストをひとつも上げていなかった。

現在、たいした事はしていない。一方で、着々と準備を進めていることがあるが、未確定で不正確な情報を書いても仕方がないし、ブログなどは無理して書くものでもないと思っているので、しばらく放置してしまった。

その6月も今日で終わり。

今、私は新潟に住んでいないのだけれど、ちょっと書類を取りに新潟へ帰った。

ちょうどお昼時の新津。日曜日に開いているか、ちょっと心配だったが、おばな家に行ってみた。新津駅前のさびれ方といったら、ない。日曜日のお昼を食べるところも容易には見当たらない状況。そんな中で、おばな家さんは結構お客さんが来ていて、私の後の人は順番を待っていたくらい。

i273

ここへ来れば、やっぱりちゃんぽん。ほかのお客さんも ちゃんぽんを 注文している人が多いし、そうでない人は皿うどん。

i274

ラーメン関連ブログでは、こういうのを「麺リフト」と言うのか、どうか、よく知らない。

i275

新潟県秋葉区のJR新津駅近くの「おばな家」さんは、駅の東の正面の道をまっすぐ行けば、すぐです。駅から見ると道路の左側です。

今日は大雨で、電車も遅れて大変でした。

2월의 예정 : 무료! 일본어교실♪

2019년2월의 수업

수요일 18:30~20:00

2월6일, 306강좌실
2월13일, 306강좌실
2월20일, 306강좌실
No class on 27일

토요일15:00~16:30

2월2일, 306강좌실
2월9일, 306강좌실
2월16일, 306강좌실
No class on 23일

 

[장소]

니가타시 중앙구  Ishizue-cho,  CrossPal Niigata

map_crosspal_niigata

[연락]

480w_email_address

February Flier: You can see this flier in Korean Restaurant “Chidimi”. 37.919569,139.046535

i099

1월의 예정 : 무료! 일본어교실♪

2019년1월의 수업

수요일 18:30~20:00

1월9일, 306강좌실
1월16일, 306강좌실
1월23일, 306강좌실
1월30일, 306강좌실

토요일15:00~16:30

1월5일, 306강좌실
1월12일, 306강좌실
1월19일, 306강좌실
1월26일, 306강좌실

[장소]

니가타시 중앙구  Ishizue-cho,  CrossPal Niigata

map_crosspal_niigata

[연락]

480w_email_address

January Flier: You can see this flier in Korean Restaurant “Chidimi”.

i070