Weekly Logs: Sep.30 – Oct.6, 2019

Monday:

Went to the teachers’ office at 10a.m. Little people were there. I was even asked by a doorkeeper “Where are you going?” I spent two hours in the office. When I left the building, it was almost empty. It was the start of the holidays. After the lunch, I evaluated students’ composition until the night.

The task was to write a memo to his/her manager. Most of the students’ memo had the same kind of mistakes that were very interesting. I made the whole script. It was like; a person, company employee, got two phone calls in the afternoon. At 3:00, the person got a call from one of business partners and made a long conversation. At the end it, the business partner asks “Please leave a message to your manager so that he calls me back”. And then at 3:30, another call came from a school teacher saying “Your kid got sick. Please come to the school to take him back to your home.” Student wrote a memo for this task. Interesting thing was that most students just wrote about conversation with the business partner (unnecessarily in detail). But they just forgot to write why he/she had to leave the work place. They should have written two things; one was asking the manager to make a phone call, the other was reason why he/she was not there. Out of 45 students, only two wrote these two things. Most wrote the business partner’s message only. Two students wrote just “I gotta leave” without mentioning the business partner’s message at all, which was worst. In a Japanese company, what is most important is to inform, to contact, and to consult. Not only Japanese language, I also have to teach them those business skills.

 

Tuesday:

I wrote a long email to one person in the morning. I have already forgotten what I wrote. I think that probably email has already been out of date as a communication tool. People here use SNS to exchange short-yes it’s really short!- messages. Actually I don’t like that short message SNS. Every time I got a message, I feel that I have to make a response within 3 minutes. It makes me stop everything that I am doing. Anyway after I finished writing email in the morning, I had just been evaluating and correcting students’ composition of Friday class. I finished it around 8p.m.

 

Wednesday:

Since the evaluation and correction of compositions were ended in the night before, I started PPT making for the next class. Common errors were misuses of postpositions of “-wa” for “-ga” and “-o” for “-ni”. I made some slides so that student could understand why “-ga” should be used for the subject that is unique and why “-ni” should be used for the object that is targeted by the action.

I went outside at noon to go to a grocery store. I bought some vegetables and a half kilogram of jujube. When I asked how a jujube tasted to one Japanese, she told me that it tasted simply, lightly, and naturally (I am not sure if this conveys the meaning in English, though). It is not so sweet. But I think it is better to eat jujube for my health than to eat 0re0 when I feel I want to eat something. Besides, it is not so sweet that the harmful insects would not damage it much. I guess so from my experience of gardening, and I hope that farmers of this country don’t use pesticide much for jujube.

 

Thursday:

I just kept making PPT for the class. I finished it at 7p.m. It took whole two days. It made me tired.

 

Friday:

I wrote another long email in the morning. For the rest of the day, I had been making a midterm examination for the composition class. For that class, I make the students write compositions as homework assignment. Writing takes time. I don’t want to waste time by making students write in the 90 minutes class. I do feedback in the first half, and give explanation the new homework in the last half. So students write their compositions where I cannot see them. Some students consult together, some use translation on the internet, and even plagiarize someone’s writings from somewhere. So I think it is necessary to do a midterm exam in order to measure the real writing skills of students.

 

Saturday:

I had just kept working in this one-week holiday. I sent some emails to my friends in the morning. So it was a kind of the first thing that I did other than job. After taking a lunch in my apartment, I went to a supermarket to buy 5 kilogram of rice. Actually I don’t like a supermarket in the basement. If a fire happens, many people would be killed because there are not enough exits and fire extinguish facilities will not work properly. So I just avoid going to such a supermarket. But I cannot find rice in nearby grocery stores. I have to go to the supermarket in the basement. Anyway, the rice here has a flavor that is rarely smelled from the rice in Japan. Probably if Japanese smell that flavor of rice, he/she wouldn’t like it. But I like it, not bad. It smells like very old time rice.

 

Sunday:

Yes, it is today. I tried making PPT of composition class which would be of the second week from now. I ate a lunch in the university restaurant, and then went to a grocery store. I bought tomato, onion, green vegetable, garlic, ginger, green bean, and 0re0. Perhaps I am an 0re0 addictive. But I am sure that I am not the only one who is 0re0 addictive. Anyway, when I got back my apartment, I felt I no longer keep working. Did I sleep on the bed one or two hours? I got up from the bed and started PPT making again. I couldn’t finish it but stopped at 6 p.m. I cooked my supper and ate it, and now I am writing this. Coming week will be a quite tough one to me. Until the start of classes for the first grade, only two days remain. I am a Japanese teacher with almost zero experience. How can I …….

Weekly Logs: Sep.23 – 29, 2019

Monday:

I draw a draft of four pictures on sheets of paper with pencil. They were a kind of comic of four pieces that I wanted to use in my Japanese composition class. So far, I made my students write Japanese compositions with the following titles; Self-introduce, Things that I like, What I will be in ten years from now, Travelogue, E-mail to the teacher, and Memo to the manager. The first four are just writing about him/herself. Students could write just what they think about themselves. The last two compositions had functions for communications to others, especially persons who were in higher position than students. Now I am thinking about compositions to describe anything in this world. It can be a description in chronological order, a description with spatial configuration, or a description of commodities like vacuum cleaner. Not only for description, I want my student make a story. So I was preparing a draft of four pieces comic. I had made a draft by pencil. The next step is to write it with pen and scan to make digital image.

I went to the teachers office at 10a.m.. I talked to the teacher who was of this country there. Yes I am a foreign teacher here. Ate my lunch in the restaurant for the teacher, and then got back to my residence. Whole of the afternoon was spent for evaluation and correction of my students’ compositions

 

Tuesday:

In the early afternoon I had finished the evaluation and correction of compositions of two classes. And then I started to make PPT slides for the composition class for Thursday. I stopped working at 8 p.m. Cooked my supper, ate it, then went to bed.

 

Wednesday:

I finished PPT making at around 3p.m.. Then I wrote a long email to a young person who I met recently. Once I sent the email, I started proofreading and correction for a student’s draft that was to be submitted to Japanese composition contest. I was asked to do it for three students. Each has two thousands letters of Japanese. I finished the first one spending three hours on Wednesday.

 

Thursday:

I tried to finish the second composition draft. It took more hours to finish because there were a lot of things to make comments on it. I spent the whole morning hours for that. After the lunch I practiced for my class. I use three voices when I prepare and practice my Japanese class. One voice is, of course, me as a teacher. The second voice is pseudo Tohoku dialect for students. The third voice is, also for students, counter tenor with Kansai accent. This Thursday I found another –the fourth- voice that sounds like an Englishman speaks funny Japanese. If neighbors listen to my voices while I am practicing, they would certainly think that I was crazy.

My Thursday composition class starts on 3:30p.m. Every time I start my class with shouting “Do not use your mobile phone during the class. Put it in your bag”. But this Thursday, one of the students on the first row seemed to be reluctant to put it into her bag. She put it down on the sheet of next chair. Her phone was on a hard disk. I understood that she wanted to record my voice. I thought they don’t have much opportunity to listen to spoken Japanese in the real situation, although there are a lot of video clips on the internet. So I just let her do that.

 

Friday:

I proofread and corrected the third draft for Japanese composition contest. I started it as soon as I got up from the bed in the morning and finished it in early afternoon. I had the same composition class for the second grade as Thursday, but it was for another class. In the evening I went to a restaurant to join a party of the student group who write monthly Japanese newsletter. All the dishes on the table were oily. Students ordered for me several vegetable dishes with less oil because I looked I couldn’t eat anything. Went back to the resident around 10:30 p.m.. Probably it was midnight when I fell asleep.

 

Saturday:

I got a problem with proofreading of Japanese compositions for the contest. But I should not write about that in detail here. One thing is certain that there are always some people who exploit others hard work.

Funnily enough, another Friday class would be held on coming Sunday. I got twenty and some Japanese compositions that were submitted on Friday class. This Saturday was the only day for me to evaluate and correct those homework assignments. It took whole day.

In the beginning of this semester, I worked in my room sitting on a chair. Soon my hip started aching. I change the chair, I sat on a sofa and worked. Since I have sit on it for so long, the cheap urethane of the sofa was soon squashed by my hip. My thigh was aching too much to sit on the sofa whose wooden frame directly pushed my thigh. So this week, I started working standing. It looks funny. I put a chair on the table and put my computer on the chair sheet. I checked twenty-some Japanese compositions and record scores on my computer. I had been standing all the day. But it was better than sitting on the sofa.

 

Sunday:

Yes, it is today. I made some minor correction on my PPT for the class in late afternoon. And then I started evaluation and correction for Thursday class. It couldn’t be finished by the class. In the class I made students do pair-works to compose seasonal greeting so that they could use them in the letter composition that is a new homework assignment. I revised and put those greeting on this blog. It seems like endless work and teaching. So far since the beginning of this semester I just have done two classes a week. But in October it will be nine. How can I get through the semester? I am not sure.

業務記録 Sep.16 – 22, 2019

<個人的なログです>

◆月曜日

この週間業務記録は、日曜日に書いているので、週の初めのことは既に記憶から遠くなっている。月曜日はいつものように午前中、日本語教師部屋に行ってみたが、だれにも会わなかった。自分のパソコンにプリンタードライバーを入れる方法がわからなくて、結局部屋にあるパソから印刷して、授業の人数分のハンドアウトをコピーした。こうしたデータの移動はUSBドライブを使うのだが、ウイルス感染が恐ろしい。今のところ大丈夫なようであるが。

昼は教員食堂へ行き、50円程度の費用で食べる。顔認証で入れるはずだが、機能しないことが多く、入口のゲートでカードをあてる。顔認証されたとしても結局、「自分です」という確認ボタンを押すので、車のETCのように通り抜けはできない。午後はずっと、日本語科でない日本語既修者のための授業準備をした。また、この日から寝る前の30分程度、英語を音読することにした。

 

◆火曜日

一日中、日本語既修者の上級クラスの授業準備。お昼に外出した際、学内の店で掃除用のモップを買った。最初はホウキを買おうと思ったのだが、ホウキとちり取りのセットを見たところ、ホウキの幅に比べてちり取りの幅の方が狭い。どう見ても不便だと思ったので、タオル生地がだらだらつながっているモップを購入。部屋に持って帰ってハテ、床の掃除の際これは乾式たるべきものか湿式かと考えたが、おそらく濡らして床をふくものであろう。掃除のあとにタオル生地ブラブラ部分を洗うとすれば、洗面所や流しではたちどころに水詰まりを起こす。とすれば、バケツも買わなければならない。こちらに来て1ヶ月が経とうとしているので、床が汚れてきたが、結局まだ一度も掃除していない。

 

◆水曜日

ずっと教案作りしている上級クラスの授業準備を続ける。お昼を食べに外に出ただけで、買い物もせず、ずっと引きこもりで作業しているので、ちょっと気分が悪くなった。

 

◆木曜日

実は午前中、居留申請に行くはずだったのだが、日本の某大学の人が来て留学説明を行うとのこと。担当者は急にこのことを知らされたため、私を居留申請に連れて行けなくなり、翌日に延期されてしまった。私としては時間が急にできてしまった形となったが、例の上級者クラスの準備はもう飽き飽きしていたので、夕方の授業の練習をした。

先週は準備しすぎで使えないスライドが多量に出てしまったのを反省した反動で、今回は準備したものが少なすぎた。夕方の授業では1コマ目の時間を余し気味になった。作文の授業なのだが、2コマ目はヒアリングと会話の授業にしてみた。これは宿題の状況設定のために必要なものだったが、学習者に発話させる機会を多くしようと意図したものである。彼らに発話させると、発話練習をほとんどしていないが明らかだったため。

昼食の帰りに西瓜の8分の1カットを買った。果物はすべて、糖分が下に行くため、下の方が甘いと思われる。当然下半分の1/4を買った。宿舎に帰ってからその半分を食べ、夕食後に残りの半分を食べたが、腹がふくれて大変だった。ただし肉の食べ過ぎに比べれば、西瓜の食べ過ぎは さほど体に悪いことではないだろう。

 

◆金曜日

午前中に居留申請に行く。写真を撮られてサインして、お金を払った。宿舎に戻ったところ、他の日本人教師の方からお昼のお誘いがあった。食べながら いろいろ情報を教えてもらっていたら時間がだいぶ経ってしまった。

夕方の授業は、先週の木曜日にもうひとつのクラスでやったもの。たいして準備もせず、時間管理もしないで進めた。ところが二コマ目の文字指導で困ったことになった。まったく同じものを同じ指示でやらせようとしたのだが、上手くいかない。書かせた平仮名を分析して何らか統計的に処理しようと考えていたのだが、書かせるところからしてうまくいかないので、データとしては使えないものとなってしまった。その影響もあって、そのあとの進み方が悪くなり、宿題の例文をきちんと見せられなかった。書く方はそんなに不得意ではないクラスだと思うので、来週 何とか宿題を書いてきて提出してほしいと思う。

 

◆土曜日

木曜日に提出させた作文の採点評価で一日すべて使った。ただしお昼に学食に行ったその足で、野菜を買いに行った。かろうじて空心菜があったので購入。それと、以前から気になっていたナツメを500グラム買った。前日の日本人教師の方の話では、素朴な味がするとのことだった。宿舎に帰ってナツメを洗い、さっそく食べてみたところ、たしかに素朴な味だった。私の買ったのがお店に到着したばかりの青々しいナツメだったので、余計素朴な、悪く言えば青臭い味だったのかもしれない。果実としての品種改良も余り進んでいないようなかすかな甘みだった。皮ごと食べるのだが、個人的には奥歯で皮を噛みつぶす感触がちょっと好きではない。しかし、口寂しいからと言ってビスケットやポテチをバリバリ食べるくらいなら、ナツメを食べていた方が、体にはよさそうである。

 

◆日曜日

朝6時に学内を散歩。1万5千人の学生が住むキャンパスだから、それなりに広い。空はすっきり晴れ渡っている。空気はひんやり。木曜日のクラスの作文の採点評価が終わったら、金曜日のクラスの採点をはじめた。午後は、スマホ関係のお助けが必要なため、3年生の男子学生に来てもらった。食事でもおごりたかったが、時間帯やその他の事情で、ソフトクリームを おごっただけだった。スマホのアプリやらウォレットやら、現地の人に説明してもらわなければ、自分の力ではまったくうまくいかない。夕方宿舎に帰って作文の評価を続けようとおもったものの、疲れ切って寝てしまった。作文の赤ペン入れは、膨大な時間がかかってしまう。個々の学習者の特性を読み取り、適切な指示を書き込むのは大変な労力である。

今週は作文コンクールの作文3本の添削も頼まれたから大変である。

業務記録:Sep.9 – 15, 2019

<個人的なログです>

◆月曜日

午前中に日本語科の職員室に行ってみた。授業中の先生が多いのか、日本語教師の先生はあまりいなかった。作文の宿題の中に怪しいものがあったので、一般的な処置方法を教えていただく。職員室では私のノートパソコンにプリンターのドライバーをインストールするつもりだったが、うまくいかなかった。午後は作文の授業のPPT作り。

 

◆火曜日

昼間はずっと作文の授業のPPT作り。夕方、日本語科の飲み会があり、出席。他の先生は現地の言葉で話しているから、私は会話について行けず、ついつい飲んだり食べたりする方に口が働いた。結果は飲み過ぎ食べ過ぎ。

 

◆水曜日

二日酔いで、お腹の調子も悪い。以降、今日に至るまで始終お腹がゴロゴロいっている。一日中作文授業のPPT作りをして、夕方終わった。これは異常な時間のかけ方であった。

 

◆木曜日

朝、夕方の作文の授業の時間配分を紙に書く。そのあとは、別の授業、日本語既習者の授業のために教案を作成した。夕方作文の授業。この授業のために、先週の木曜日から日曜日まで宿題を添削して、日曜日から水曜日の夕方までパワーポイントを作った。授業していて、これらの作業があまりにも無駄であることが分かった。授業時間内にスライドを全部使えないのである。宿題の作文のフィードバックをする1コマ目は時間が足りなくて、やらずに飛ばしたスライドがかなりの数に達した。フィードバック事項をあまりにも欲張りすぎたので、本来力を入れたかった副助詞「も」の位置、連体修飾節内の主語の助詞は「が」であること、の説明がおろそかになってしまった。

ごく一人か二人かの誤用についてスライドを作り、その間違いをしなかった大多数の学習者に説明するのは無駄だと思う。誤用した当の学習者に対しては、紙に赤字を入れているので、それで十分であろう。わざわざ、さらし者にする必要もない。それよりも多くの学習者に共通してみられた誤用について、正しい形をしっかり定着させ、運用できるまでに持っていくのが大切だ。そうなれば、フィードバックの時間に扱える項目も少なくなるはずである。今回は無駄な作業をしてガッカリすると同時に、準備作業にここまで時間をかける必要はないと分かったことで、少し気が楽になった。

共通の誤用としては、同類の副助詞「も」の誤用が見事であった。全員、主語の後ろにつけるものと考えていたのである。また、連体修飾節内の「が」を導こうとしたところ、ハガ構文との混乱も見られた。こうしたことは、こちらの経験として蓄積させてもらう。

2コマ目は、学習者の文字があまりきれいでないことから、文字指導をちょっとした。教科書の字体が教科書体ではなく、明朝体なので、みんな手書きのひらがながおかしい。言語は意思疎通が最大の目的なので、字がきれいかどうかは最重要ではなく、そこをつつくことで学習者に情意面でマイナス影響を与えてしまったら本末転倒である。しかし、あまりに変な字を書いていたら、日本人が見たときに、私たちの文字がいい加減に扱われているような印象を受けるのではないだろうか。それが学習者自身の不利益になってしまってもいけない。この日は学習者の書いたものを回収してチェックした。何らかの統計資料として使えるかもしれない。

 

◆金曜日

午前中から、木曜日に回収した宿題の作文の評価・添削をやった。お昼に教員食堂へ行ってみると、なぜか閉店している。階下の学生食堂で昼食を済ませて宿舎に戻り、カレンダーを調べたら祝日だった。もうひとつの作文授業が休みだと分かると、気持ちが楽になった。おかげで、この日だけで木曜のクラスの作文の添削は終わった。

 

◆土曜日

木曜日は授業して、金曜日は休講だったから、二つのクラスで1週間のズレが生じてしまった。少し頭が混乱しそうである。先週気になったのは、二つのクラスの教材が同じで良いかということであるが、こうなると当然別になるように思う。すなわち、木曜日のクラスの作文からフィードバックのPPTを作る時点では、金曜日のクラスの作文は未提出であるから、自分のクラスの結果しかフィードバックできないが、金曜日のクラスには、両方のクラスの結果を用いたフィードバックができる。しかし金曜日のクラスのためにわざわざ手間を増やすかというのも問題。それにしても同じ週の2クラスで違う宿題を出すのだから、わけが分からなくなりそうだ。

学生食堂で昼食をとったあと、その足で学外に出て、いつもの八百屋へ野菜を買いに行った。空心菜はもうなかった。空はすっかり秋を感じさせる。空心菜は気温が下がると急に元気がなくなってしまうので、もう店頭には現れないだろう。

 

◆日曜日

夜中の2時に目が覚めてしまって困った。土曜日はずっと次の作文の授業のPPTを作っていたので、腿の裏がいたくなってしまったこともあり、足を動かすため、6時に宿舎を出て散歩した。空は澄んだ青空。そして秋の空。PM2.5の値も日本並みに低い。川のほとりを歩いた。そのときに感じたが、この国で、そしてこの町のこの大学で朝の散歩していることが現実なら、今の私はあまりにも恵まれている。私がかつて日本国内某所でひどい労働をさせられた日々を思い返すと、あれは人生をドブに捨てていたんじゃないかと、思った。

散歩から帰ったら、別の授業の教案作成。とりあえずこの学期の見通しをつけて、1回目の練習を始めた。1年生の聴解の授業の準備も始めなければならないだろう。夕方、学内のスーパーで牛乳やオレンジジュースを購入。私だって人間なのだから、ポテチぐらい食べますよ、とそれも一袋購入。

業務記録:Sep.2 – 8, 2019

<個人的なログです>

◆月曜日

宿舎に引きこもって授業準備してばかりだから、月曜日の午前中の3・4コマの時間をオフィスアワーと称して職員室に行こうと考えていたのだが、第1週目からコケてしまった。ふらっと外国人対応の事務室に立ち寄ったら、大学院修了証書と日本語教育関連の証書の原本を出せという。そんな物は日本に置いて来たので、どうにもならない。必要なら私が日本を出国する前に言うべきだが、その辺の配慮はできないのだろう。

キャンパスカードができたので、ティーチングアシスタントの学生に付き人になってもらって、受け取りに行った。おかげで50円程度で昼食が食べられるようになった。午後は木金の作文授業のパワーポイント作り。

 

◆火曜日

ほぼ一日中宿舎にこもって作文の授業のPPTを作成。昼食は教師用食堂で。夕方学外へ買い物に行き、缶ビール1本とブドウ一房を買った。ブドウは皮ごと食べられるが、種ありだった。種を噛んでしまうとぐぐっと苦くなるので、口の中で種をより分けるのにせわしい。

 

◆水曜日

午前中は作文授業の教案作り。といっても、新潟でボランティアしていた時のように、詳細に作るのではなく、紙に手書きで時間配分を書くだけ。それが終わったら、別の授業の全体計画と授業内容を考えた。私が週18コマ担当するうちの10コマをその授業が占める。実は日本語学科の学生向けではない。大学受験の外国語を日本語で受けた、中級相当の学習者を対象とする。1年生なのでまだ授業は始まっていないが、回数が多いこと、中上級者向けで内容が豊富であることから、授業が始まればかなりの負担になると想定される。早く準備を始めておかなければ大変なことになる。

ところで、この国の高校の日本語教師から聞いた話だが、大学受験の外国語で日本語を選択する学生も一定数いるとのことだ。英語が不得意な高校生は、そのままでは志望の大学に入れない可能性が高いが、日本語を選択すれば、入れなかった大学に入れるような状況もある。そのため、高校での日本語教育への需要もけっこうあるとのことだった。

ところが、ばってん、However、驚いた。いきなり新入生オリエンテーションがあるという。午後出席。しかも、いきなり挨拶しろという。仕方ないので、通訳してもらいながら、以下のように1年生に伝えた。「言語には4技能ある。聞く、読む、話す、書くだ。君たちが母親から母語を習った時は、何の技能から学んだか。(反応)私は聞くこと、聴解を担当する。私は日本語教師一年生だ、君たちも一年生だ、一緒に勉強しよう」—とか。ちょっとできすぎだったような気もする。謙虚にならなければ。

 

◆木曜日

午前中は、中級者向け授業計画を引き続き作成。少人数クラスなのでパワーポイントを作るつもりはない。ただ、そうなると教案を綿密に準備する必要がある。授業計画-兼-教案を作成。いつものように教員食堂で昼食を取った後は、自室で授業の練習。宿舎での練習としては声が大きすぎたかもしれない。

夕方授業。直前の練習では時間通りできたのに、実際の授業では計画よりも遅れ気味になった。宿題の説明時間がなくなりそうだったので、内容をカットして宿題説明に突入したら、今度は時間を余し気味になった。まだまだ進行が下手だ。宿題の「10年後の私」は、これがもし日本人の中学生だったら、10年後の自分になりきって、その時点を現在とした作文になるだろうか。今担当している2年生には、そのような仮定の状況でテンス・アスペクトを書くことは無理だと思った。だから、今時点で10年後を想定した、単純な未来の表現で書かせることにした。

 

◆金曜日

木曜日のクラスの先週の宿題、「私の好きなもの」を添削、採点した。夕方の授業のぎりぎりまで添削。木曜日の授業の失敗点を改善して金曜日の授業に臨むので、絶対金曜日のクラスが得だと思う。前日の反省を活かし、作文授業ではあるが、文型導入でコーラス・ソロをたっぷりやった。ところで学生の中には素行のよろしくない者たちがいる。授業中にスマホを見てチャットしたりする。毎回一人はスマホを取り上げることになるが、この日は2台取り上げた。わがままいっぱい育った学生なので、自分の行動を抑えることは難しいのだろう。授業中にそれをやったら取り上げられると予測するような学習効果がないものかと思うが、はてさてスマホ取り上げはこれからも続くのか。

木曜と金曜は同じ2年生の違うクラスの授業であり、一応は同じ内容で授業する方針である。しかし、今週の授業を終えた時点で、不安になった。木曜日のクラスは文字指導が必要であるが、授業進行には支障のない日本語能力がある。早めに進んでしまうのはこちらの時間管理が悪いせいもあるが、彼らの読み上げが早いこともあるのではないか。一方、金曜日のクラスは、読めないし、発音も良くない学習者が多い。読ませることに時間がかかって反応も悪い。要するに、木金同じで良いのか、が気になった。本当に効果的な授業をするには、木曜日のクラス、金曜日のクラスそれぞれにファイン・チューニングした授業にすべきなのでは・・・まさか。そんな事をしたら授業準備がさらに大変なことになる。今後1年生の聴解、中級者のクラスが始まったら、作文の授業に、そもそも今のように時間がかけられるであろうか?不安である。

授業後はぐったり疲れたが、学外に行き、商店で野菜を購入。いつまでも脂っこい外食では健康を保てない。野菜中心の自炊をすべく、にんじん、タマネギ、空心菜、インゲン豆を購入。調理して食す。

 

◆土曜日

作文の採点で丸一日つぶす。一歩も外に出なかった。

 

◆日曜日

午前の中ごろ、作文の採点が終わった。引き続き次の授業のPPT作りを開始。ところで作文の授業は1コマ目に先週の宿題のフィードバック、2コマ目に新しい宿題のための文型導入と説明ということにしている。現在1コマ目のフィードバック部分を作っているわけだが、今年の学生が書いた作文へのフィードバックをPPTに一生懸命作っても、来年の学生には使えないことに今日気がついた。気分が落ち込んだ。

お昼に外出。教員食堂は休みだったので、学生食堂で昼食。脂ぎとぎと。辛い。その足で学外の八百屋へ行き、追加の野菜を購入。トマトのザク切りがスープに入っているのが好きなので、自分でもやってみたくなり、トマトを購入。空心菜も追加で購入。夏野菜なので、あるうちにたくさん食べたいとの思いから。

午後は昼寝もしながら、作文授業のPPT作成。

業務記録:Aug.26-Sep.1, 2019

<個人的なログです>

◆ 月曜

健康診断。既に東京で27000円も自腹で払って健康診断を受け、その結果のX線写真まで持って来たというのに、ほとんど同じ検査を実施。こちらの費用は大学持ちだったが、もったいないことである。銀行口座を開設。キャンパスカードは発行できなかった。午後学科長にあいさつ。

◆火曜日

午前中は日本語科の4年生の学生一人に、私が授業する教室を案内してもらった。そのあと、外国人にSIMカードを発行してくれる電話会社のお店を探して歩いたが、どこも断られ、西へ西へと歩いて2.4kmくらい行った先で、ようやく外国人にSIMを売る店舗があった。しかし、待っている人が多くて、何時間も待たなければならないし、月末なので今加入しても損だとのこと。携帯電話は諦めて、学生に昼食をおごった。午後は授業準備。

◆水曜日

午前中、雇用契約書にサイン。お昼頃、学科長室で日本語科の会議。私は座っているだけで、ほとんど何も理解できなかった。そのあとは授業準備。

◆木曜日

夕方に初の授業。教案を書いたところ、どうしても最後に10分余りそうだった。それを意識して授業するつもりだったが、そのまま普通に進めたら、実にきっかり10分前で準備していた物が終わってしまった。時間を余すのは準備不足の証拠であり、絶対に避けるべきものだ。しかし、しょうがないので、自分の来歴や高低アクセントなどでお茶を濁す。

◆金曜日

木曜日の作文の授業で書かせた自己紹介を読んで評価していたら、おもしろくなって、ハマってしまった。お昼過ぎに日本語教師部屋へ行き、日曜日に携帯を買いに行くのをお助けしてくれる学生を寄越してほしいと依頼。夕方、前日と同じ内容の作文の授業。2クラスに同じ授業をするのであるが、前日の反省もあり、ていねいに進めたところ、時間ちょうどぴったりに終わった。1回目の反省を2回目に必ず活かすので、後に受けるクラスの方が得ではないかと思う。

◆土曜日

1日すべて、自己紹介の作文の評価をするのに使った。最初は評価を感覚的に0から5点で付けていたが、もう少しきちんと評価しないと学生に悪いような気がして、評価項目と評価基準を設けて0から10点での評価にした。すると最初のクラスは平均4.8点、標準偏差2.0点で、かなり良い感じの分布になった。

◆日曜日

携帯電話を買いに行くためのお助けの学生は、私が担当しない3年生が二人来た。遠いところなのでタクシーで行き、SIMとスマホ本体を購入。そのあと地元料理を二人におごった。いったん宿舎に帰り、今度は自力でスーパーへ行き、自炊するためのお買い物。しかし皿洗いタワシを買うのを忘れてしまった。タワシがないと買った鍋や支給されたご飯ガマが洗えない。

二つ目のクラスの作文の評価がまだ終わっていないので、早くしないと困ったなあと考えつつ、これを書き上げたところ。キャンパスカードがまだ発行されていないので、学食で食事を取ることが、まだできない。

業務記録:Apr.21-27, 2019

<個人的なログです>

■ 個人授業1:2時間:教材「みんなの日本語 II(青色)」

最終授業。自国の観光地を宣伝する学習者の短いプレゼンと、「みんなの日本語」の28課および30課の会話のパワーポイント授業。観光地の方は、実質原稿を読み上げるだけだが、インターネットからひろった画像で私がスライドを作り、プレゼンらしい雰囲気を少し出した。みんなの日本語の会話のPPTは、以前作った物を改変して使った。以前作ったときは28課に13時間、30課に11時間かけた。しかし、その時点では具体的な学習者は想定しておらず、将来役にたったらなぁという感覚で作っていた。今回、実際に学習者を前にして授業するにあたって、どうしても改変が必要となった。その改変に、28課30課合わせて10時間を要した。「これでいいかな」程度の考え方で作ったものは、実際に使う段になると、使えないものであると感じた。今回の授業では、模擬学習者として日本人の方一人に参加してもらった。学習者2人のパワーポイント授業である。学習者1に対しては、以前1回だけPPT授業をしたことがあり、その時はこちらと学習者の距離みたいなものは感じなかった。また普段は1対1のマンツーマンレッスンであり、相手の表情を見ながら進めていくので、距離感なんてものはない。しかし、今回学習者2人に対してPPT授業をしたら、学習者1の表情が見えていないのに、教える側が勝手に進めているような、何か距離感のある授業をしていた。やりとりが成立していない状況で見切り発車をしている状況もあったように思う。一人が二人に増えただけでこんな風に感じるのであれば、もっと多い人数の授業だったら、各学習者に配慮することなどできるのだろうか。今回の28課と30課の会話は、PPT化授業のストックの中から、学習者に選んでもらったものである。特に30課の「てある」「ておく」の使い分けに興味があったようである。その違いをPPT上で説明したつもりであるが、ピンと来ないような表情をしているし、発話させると「ておく」のところで「てある」を言ったりする。今にして思えば、この授業では、「てある」「ておく」の違いを学習者が十分理解し、運用できるようになり、「もう間違えないぞ」という自信を持てるようにすべきではなかったのか。それ一つに絞っても良かったのだ。28課と30課の会話の授業を2時間でひととおりやってみたい、などという教える側の都合は重要ではない。学習者中心の授業をしなければならない。

 

■ 個人授業5:1時間半:教材「できるにほんご初級・赤」

1回目:部屋を借りないレッスンのため、必然的に紙の授業になった。最近パワーポイント授業に力を入れすぎなので、いささかPPT依存症になってしまった。ハテ、紙で授業するにはどうするんだったっけ、などと、経験を積んだ日本語教師から見れば本末転倒なことを悩んだ。結局、教案・教材作成には3時間しかかけなかった。実際、PPTを使わない紙の授業の方が、準備時間は短くてすむ。できる日本語の1課2課をほぼそのまま使用。ただし、こそあど関連では、以前自作した絵等をいくつか使った。この学習者5に対しては、極力文法を表に出さないコミュニカティブな授業を心がけているが、「こそあど」ではかなり機械的な練習になってしまった。「こそあど」の習得を有意味のやりとりの形で行うことは、可能であろうか。準備が大変になりそうだ。以前別の初級者に「こそあど」を教えたときは、まずミカンを持って来て、いろいろなところに置いてみた。しかし大して面白くも無いし、パターンも多くできないので、その次のレッスンで完全に機械的練習に割り切った。パワーポイントの視覚性、表示の素早さを利用して、大量に繰り返し練習させたのである。効果のほどは分からない。しかし、学習者は人間であって、アンサリングマシンでは無い。ましてや調教する動物などでは決してあってはいけない。機械的繰り返し練習は過去の遺物であって、21世紀の第二言語学習では避けるべきものである・・・かどうかは、経験の足らない自分には、まだよくわかりません。

2回目:最終授業。目標としていた、パクさんの「ぶたにく?」にたどり着いた。「できる日本語」の2-3は以前よりPPT化していた(財布を置き忘れた四角5は未了)。食べることは人間の行動のうちもっとも基本的なものであり、言語学習においても食べることをネタにするのは良いことだと考えている。しかしながら、すでに2回ほど授業で使った2-3部分のPPTも、やっぱり作り込みが甘い。すっきりとした構成に作り直して、学習者5にカスタマイズするための作業をしたら12時間ほどかかった。また、予約した部屋の中で、学習者が来る前の1時間、練習した。前段として、これまで4回の授業の復習をした。「こそあ」は代名詞の「これそれあれ」、場所の「ここそこあそこ」、連体詞の「このそのあの」の3種が初期段階での導入となるが、この3種を混ぜて与えると、混乱が生じるようだ。それぞれをしっかり定着させてから、混ざったものを与えるようにした方がよかった。時間があればの話だが。混ざったものとは、「でき日」2-2チャレンジの四角1~3のことである。1回目のところにも書いたが、「こそあ」練習は機械的なものになりがちであり、今回PPTでやろうとした部分もそうだった。そのまま「こそあ」練習を続行することは、学習者の顔色から適切ではないと判断し、「このそのあの」は諦めて飛ばした。「豚肉は英語で何ですか」も大切だが、今回の目標はワンさんの「とんかつを二つと、カレーを一つと、ビールを三つください」である。ちょっと長いが、おぼえてほしかった。しかし残念なことに、今回学習者は眠くて記憶力ががた落ちだった。繰り返して現れること、ついさっきやったことが出てこないので、そうと分かる。こんなとき、学習者を おめめぱっちり意識覚醒させる、妙案が無いか。自分自身学生時代はいつも眠くて記憶力がなく、成績は悪い方だったので、こんなときに勉強は適さないというのがよく分かる。たった5回のレッスンであったが、学習者3の経験から、アプローチを変えてみるなど、いろいろと学ぶことが多かった。

★ということで、半年ほど実施した日本語ボランティアは、ここでいったん区切りをつける。学ぶことの多い半年だった。今後のため、得られた知見を整理しておく作業も必要であるが、それは別のところでしたい。ただし、自分に日本語教師は無理かもしれないという気持ちが、いぜんとしてある。それに、日本語ばかり勉強していると、ほかの言語の力がみるみる落ちていくので、悲しい気持ちになる。