Dinner at “Korean Dining Lu(:)”

Hi, this is the website for “0yen! Japanese Lesson”. The classes are taken place in “CROSS PAL NIIGATA” in Ishizuecho, Niigata. Please check the latest information on this site. Hurry up, ‘cause the instructor’s schedule is becoming busy right now.

This is the first time that Korean Dining “Lu” appears on my blog. It is located at two blocks south of Mitsukoshi department store, and on the opposite side of Shimizu Food Center. Mitsukoshi Department store will soon be closed and I am afraid of giving you an inaccurate information. So please use the following numbers on Google maps.

37.919027,139.042927

Korean Dining 루Lu(:) on Twitter

I forgot to take a picture of the outside of the restaurant. So my photo starts from a cup of Makgeolli. When I ordered, I thought “Ah, it will be just a little of Makkolli in small glass”. But they gave me more Makkori in bigger cup than I expected.

i119

Anyway, it is always Sundubu jjigae in the new Korean restaurant.

i120

Clam without shells.

i121

The dining is very clean. Actually I thought the clean restaurant serves expensive meal. But I should say, it had been just my prejudice. The charges I paid was quite reasonable in this Korean restaurant “Korean Dining Lu(:)”.

 

業務記録:Feb3-9, 2019

<個人的なログです>

■ 個人授業1:2時間:教材「できる日本語 初中級(黄色)」

教案作成は6時間要した。流ちょうさを改善する試みとして「話読聞書」を読ませてみた。イントネーションの付け方が上手くいかないため、学校の先生にも指摘されているらしい。こればかりは音声教材をしっかり聞き込んでもらわないと駄目だと言い聞かせているが、なかなか音声教材を自分のスマホに取り込もうとしない。私と接している時間中に正せるものは正したいと思う。

助詞のチェックは、助詞そのものに着目するのではなく、今回は動詞に着目して網羅的にチェックしてみた。初級で導入する動詞の全部は無理なので、約半分。結果は明白だった。2項動詞は問題ないが、3項動詞になると、とたんにわからなくなった。取り組むべき対象が明確になれば、対処も合理化されるだろう。

「みたい」の様態と比況の区別がよくわからないので教えてほしいとのリクエストだったが、時間がなくて、飛ばした。「みたい」は話し言葉なので「ように」の方が大事、ということにしたが、「ように」の比況は初級では入らないので、別途配慮が必要か。このほかにもフォローアップの運用確認ネタをたくさん用意したが、時間が足りなくて割愛。

受身は、学校の方ではすんなり済ませてしまったみたいだが、かなり怪しいので、次回徹底的に受身の復習をすることとした。

コミュニカティブな活動として、予定変更をお願いするスクリプトでやりとり練習をした。実はバイトの関係で次回のレッスンを変えないといけない事態が実際に発生したので、タイムリーな活動であった。

黄色い本が終わったら、、、青い本を教える自信が、まだない。

 

■ 個人授業2:2時間:教材「Genki I」13章

教案作成に4時間。個人で教えている学習者ではないので、詳細は省略。

 

■ 個人授業3:1時間半:教材自作だが、みんなの日本語の練習Aに準拠

1回:教案作成に1時間。教えられる内容が少ないので教案作成時間も短い。文字指導は漢字の一から十。文型は「の」が主部に入る場合と述部に入る場合の二通り教えた(「AのBはCです。」と「AはBのCです。」)。練習A4は「の」が述部に入る文なので、何か意図があるかもしれない。混乱を招く恐れはあったが2課の準体助詞の「の」も教えてみた。定着はまだまだ、いわんや運用をや。

2回:教案作成はたったの30分、しかしパワーポイント・プレゼンテーションを作成したので、これに20時間要した。おぞましい時間の使い方だが、パワポ作成は、まあこのくらい時間が かかるものであろう。学習者の注意関心を引きつけられていないのがどうしても気になっていたので、この際思い切ってやってみたものである。正味が62スライドで、基本のあいさつ、語彙導入、文型確認、そして、できる日本語・赤の1-1の会話。枚数的には90分に足りないような気がしていたが、実際は120分以上使えそうだった。要するに今回のレッスンでは全部終わらなかった。学習者の注意を引きつける一定の効果はあったようである。しかしいったんプレゼン形式で授業を始めてしまうと、学習者の反応に関するメモを取りにくいので、記録が残らない。学習者がどのように反応したかは、次回の授業内容の吟味の際に必要なものであるため、きちんと記録を取る何らかの工夫が必要と感じた。

Dinner in Chinese Restaurant “Harupin Sancho (Harbin Can ting)”-3

Hi, this is the website for “0yen! Japanese Lesson”. The classes are taken place in “CROSS PAL NIIGATA” in Ishizuecho, Niigata. Please check the latest information on this site. Hurry up, ‘cause the instructor’s schedule is becoming busy right now.

On Wednesday I went to Haerbin Canting (hā ěr bīn cān tīng, 哈尔滨餐厅, Harupin Sancho, Halupin Sancho, Harubin Sanchou, Harbin Restaurant) in Furumachi. It was for my dinner. For your convenience, the following is latitude and longitude for Google maps.

37.924173,139.045419

To tell the truth, I went to Tosho-hanten in Honcho first. But the restaurant was closed because now is the time of Chinese New Year. They are having a long vacation. I wish the family take a good rest and come back to Niigata in March. What was in my head was Shrimp with Chili sauce when I was heading to Tosho-Hanten. I saw the restaurant was being closed and then I turned to Harpin Canting.

i115

My mind was so much occupied with Chili Sauced Shrimp, as I got to Harbin Canting, I immediately ordered it and rice without checking the menu. Actually I should have ordered “Ebi Tama Han” which was a set menu with several dishes with chili sauced shrimp. But I think it is okay, because sometimes it is good to have a simple meal like you see in the photo.

i116

Japanese call this famous Chinese food dish “Ebichili”.

By the way, this is Harbin Can ting. So the name of the restaurant tells us that they came from the northern part of China. I asked the lady in the restaurant, with several Chinese restaurants’ names in Niigata, if there was a  Chinese restaurant whose cook came from the southern part of China. She was not sure. Even she was not sure for names of other Chinese restaurants. Although I had an impression that Chinese people would have a strong tie with other Chinese as a network in a foreign country like here, maybe I am not correct. Perhaps it is because this Harupinsancho is located in the center of night entertainment area of Furumachi. The customers are coming midnight and early morning. Open hours of this restaurant are different from other Chinese restaurants in Honcho. So she has less time to communicate with other Chinese. But these are just my guesses.

i117

Of course I left this package. When I asked her “Zhong guo ren lai ma?” She answered to me “Lai”. This time my Chinese was smoothly understood.

i118

中華料理の「ハルピン」も3回目。前回はティッシュを持って行きませんでしたが、今回は置いてきました。騰翔飯店が一ヶ月休むのにたいして、こちらのお店は休みなしだそうです。お仕事お疲れ様です。

 

 

Dinner in Korean Restaurant “Sumire” -3

Hi, this is the website for “0yen! Japanese Lesson”.  The classes are taken place in “CROSS PAL NIIGATA” in Ishizuecho, Niigata. Please check the latest information on this site. I am looking forward to seeing you in my Japanese lesson.

Anyway, I have just had my dinner in Sumire (すみれ) which is a Korean restaurant in Furumachi. The lady in the restaurant is very friendly. You can enjoy talking to her. Find the place using the following latitude and longitude with Google maps.

37.925554,139.045991

This is the third time for me to come to Sumire. Tonight there were two “Joren” customers. Joren means a customer who visits the restaurant quite often and is known to the master well. I am a kind of new guy here, so tonight I just tried being silent(:D). But, you know, it is also a fun to listen to what other customers say. I enjoyed hearing their stories and eating Kimchi chige.

I could see several new things tonight. The board is new with an illustration of Korean lady.

i112

Beer and side dishes. You can see the corner of “Menu” on right side of the photo. It seemed that the menu was also recently made.

i113

Boiling Kimchi chigae with a lot of Tofu inside. What is the border line between Kimchi chigae and Dupu Chigae? Although it is not a big issue.

i114

とうとう3回目の韓国家庭料理「すみれ」、旧松屋さんです。以前はソルラルに特別に料理を作っておられたそうですが、もうしなくなったそうです。私はキムチチゲをいただきました。私自身はマッコルリはとても素人ですが、今日いただいた一杯は、とても本格的なお味がしました。

 

 

業務記録:Jan27-Feb2, 2019

<個人的なログです>

■ 個人授業1:2時間:教材「できる日本語 初中級(黄色)」

教案作成に2時間、ただし前回は教案で準備していないことをやったため、前回準備した物も利用した。それも含めれば教案作成は6時間程度。学習者の母語では母音が長母音のため「おばさん」が「おばあさん」になっていたが、だいぶ良くなった。尊敬語用の動詞はほぼおぼえている。今にも起こりそうな「そうだ」と伝聞の「そうだ」の区別ができる。放置の「ておく」と準備の「ておく」の区別ができる。「ておく」と「てある」の使い分けもだいたいできる。完了の「しまう」と残念な結果の「しまう」の区別があることを知っている。熱心な学習者であり、こうなってくると文法の学習は自習できそうなので、発話の流ちょうさも含めた、コミュニカティブな活動を増やしたい感じになってきた。

■ 個人授業2:2時間:教材「Genki I」13章

教案作成に5時間。詳細は省略。

■ 個人授業3:1時間半:教材自作

1回:教案作成に5時間。文字指導はひらがなの書き等。数字を20まで。文型は、AはBです。AはBじゃありません。何歳/お幾つですか。導入語彙があまりに少ないため、文型導入に支障を来す。AのBの「の」がまだ導入できない。

2回:教案・教材作成に6時間。文型および語彙の導入計画を作成したため時間を要した。自宅での語彙導入は期待できなさそうなので、今後はレッスン中に語彙導入をまじめにやる予定。文字指導はカタカナの前半まで達した。発音は、語中の無声軟口蓋破裂音が呼気だけになる現象がみられるが、おおむね良好。「~か、~か。」「も」を導入。こそあの取っ掛かりとしての「これは」も導入。実際の所は、語彙が少ない中で名詞述語文のバリエーションを増やすための苦肉の策としての「これは」の導入と言った方が正しいか。