業務記録:Sep.2 – 8, 2019

<個人的なログです>

◆月曜日

宿舎に引きこもって授業準備してばかりだから、月曜日の午前中の3・4コマの時間をオフィスアワーと称して職員室に行こうと考えていたのだが、第1週目からコケてしまった。ふらっと外国人対応の事務室に立ち寄ったら、大学院修了証書と日本語教育関連の証書の原本を出せという。そんな物は日本に置いて来たので、どうにもならない。必要なら私が日本を出国する前に言うべきだが、その辺の配慮はできないのだろう。

キャンパスカードができたので、ティーチングアシスタントの学生に付き人になってもらって、受け取りに行った。おかげで50円程度で昼食が食べられるようになった。午後は木金の作文授業のパワーポイント作り。

 

◆火曜日

ほぼ一日中宿舎にこもって作文の授業のPPTを作成。昼食は教師用食堂で。夕方学外へ買い物に行き、缶ビール1本とブドウ一房を買った。ブドウは皮ごと食べられるが、種ありだった。種を噛んでしまうとぐぐっと苦くなるので、口の中で種をより分けるのにせわしい。

 

◆水曜日

午前中は作文授業の教案作り。といっても、新潟でボランティアしていた時のように、詳細に作るのではなく、紙に手書きで時間配分を書くだけ。それが終わったら、別の授業の全体計画と授業内容を考えた。私が週18コマ担当するうちの10コマをその授業が占める。実は日本語学科の学生向けではない。大学受験の外国語を日本語で受けた、中級相当の学習者を対象とする。1年生なのでまだ授業は始まっていないが、回数が多いこと、中上級者向けで内容が豊富であることから、授業が始まればかなりの負担になると想定される。早く準備を始めておかなければ大変なことになる。

ところで、この国の高校の日本語教師から聞いた話だが、大学受験の外国語で日本語を選択する学生も一定数いるとのことだ。英語が不得意な高校生は、そのままでは志望の大学に入れない可能性が高いが、日本語を選択すれば、入れなかった大学に入れるような状況もある。そのため、高校での日本語教育への需要もけっこうあるとのことだった。

ところが、ばってん、However、驚いた。いきなり新入生オリエンテーションがあるという。午後出席。しかも、いきなり挨拶しろという。仕方ないので、通訳してもらいながら、以下のように1年生に伝えた。「言語には4技能ある。聞く、読む、話す、書くだ。君たちが母親から母語を習った時は、何の技能から学んだか。(反応)私は聞くこと、聴解を担当する。私は日本語教師一年生だ、君たちも一年生だ、一緒に勉強しよう」—とか。ちょっとできすぎだったような気もする。謙虚にならなければ。

 

◆木曜日

午前中は、中級者向け授業計画を引き続き作成。少人数クラスなのでパワーポイントを作るつもりはない。ただ、そうなると教案を綿密に準備する必要がある。授業計画-兼-教案を作成。いつものように教員食堂で昼食を取った後は、自室で授業の練習。宿舎での練習としては声が大きすぎたかもしれない。

夕方授業。直前の練習では時間通りできたのに、実際の授業では計画よりも遅れ気味になった。宿題の説明時間がなくなりそうだったので、内容をカットして宿題説明に突入したら、今度は時間を余し気味になった。まだまだ進行が下手だ。宿題の「10年後の私」は、これがもし日本人の中学生だったら、10年後の自分になりきって、その時点を現在とした作文になるだろうか。今担当している2年生には、そのような仮定の状況でテンス・アスペクトを書くことは無理だと思った。だから、今時点で10年後を想定した、単純な未来の表現で書かせることにした。

 

◆金曜日

木曜日のクラスの先週の宿題、「私の好きなもの」を添削、採点した。夕方の授業のぎりぎりまで添削。木曜日の授業の失敗点を改善して金曜日の授業に臨むので、絶対金曜日のクラスが得だと思う。前日の反省を活かし、作文授業ではあるが、文型導入でコーラス・ソロをたっぷりやった。ところで学生の中には素行のよろしくない者たちがいる。授業中にスマホを見てチャットしたりする。毎回一人はスマホを取り上げることになるが、この日は2台取り上げた。わがままいっぱい育った学生なので、自分の行動を抑えることは難しいのだろう。授業中にそれをやったら取り上げられると予測するような学習効果がないものかと思うが、はてさてスマホ取り上げはこれからも続くのか。

木曜と金曜は同じ2年生の違うクラスの授業であり、一応は同じ内容で授業する方針である。しかし、今週の授業を終えた時点で、不安になった。木曜日のクラスは文字指導が必要であるが、授業進行には支障のない日本語能力がある。早めに進んでしまうのはこちらの時間管理が悪いせいもあるが、彼らの読み上げが早いこともあるのではないか。一方、金曜日のクラスは、読めないし、発音も良くない学習者が多い。読ませることに時間がかかって反応も悪い。要するに、木金同じで良いのか、が気になった。本当に効果的な授業をするには、木曜日のクラス、金曜日のクラスそれぞれにファイン・チューニングした授業にすべきなのでは・・・まさか。そんな事をしたら授業準備がさらに大変なことになる。今後1年生の聴解、中級者のクラスが始まったら、作文の授業に、そもそも今のように時間がかけられるであろうか?不安である。

授業後はぐったり疲れたが、学外に行き、商店で野菜を購入。いつまでも脂っこい外食では健康を保てない。野菜中心の自炊をすべく、にんじん、タマネギ、空心菜、インゲン豆を購入。調理して食す。

 

◆土曜日

作文の採点で丸一日つぶす。一歩も外に出なかった。

 

◆日曜日

午前の中ごろ、作文の採点が終わった。引き続き次の授業のPPT作りを開始。ところで作文の授業は1コマ目に先週の宿題のフィードバック、2コマ目に新しい宿題のための文型導入と説明ということにしている。現在1コマ目のフィードバック部分を作っているわけだが、今年の学生が書いた作文へのフィードバックをPPTに一生懸命作っても、来年の学生には使えないことに今日気がついた。気分が落ち込んだ。

お昼に外出。教員食堂は休みだったので、学生食堂で昼食。脂ぎとぎと。辛い。その足で学外の八百屋へ行き、追加の野菜を購入。トマトのザク切りがスープに入っているのが好きなので、自分でもやってみたくなり、トマトを購入。空心菜も追加で購入。夏野菜なので、あるうちにたくさん食べたいとの思いから。

午後は昼寝もしながら、作文授業のPPT作成。

業務記録:Aug.26-Sep.1, 2019

<個人的なログです>

◆ 月曜

健康診断。既に東京で27000円も自腹で払って健康診断を受け、その結果のX線写真まで持って来たというのに、ほとんど同じ検査を実施。こちらの費用は大学持ちだったが、もったいないことである。銀行口座を開設。キャンパスカードは発行できなかった。午後学科長にあいさつ。

◆火曜日

午前中は日本語科の4年生の学生一人に、私が授業する教室を案内してもらった。そのあと、外国人にSIMカードを発行してくれる電話会社のお店を探して歩いたが、どこも断られ、西へ西へと歩いて2.4kmくらい行った先で、ようやく外国人にSIMを売る店舗があった。しかし、待っている人が多くて、何時間も待たなければならないし、月末なので今加入しても損だとのこと。携帯電話は諦めて、学生に昼食をおごった。午後は授業準備。

◆水曜日

午前中、雇用契約書にサイン。お昼頃、学科長室で日本語科の会議。私は座っているだけで、ほとんど何も理解できなかった。そのあとは授業準備。

◆木曜日

夕方に初の授業。教案を書いたところ、どうしても最後に10分余りそうだった。それを意識して授業するつもりだったが、そのまま普通に進めたら、実にきっかり10分前で準備していた物が終わってしまった。時間を余すのは準備不足の証拠であり、絶対に避けるべきものだ。しかし、しょうがないので、自分の来歴や高低アクセントなどでお茶を濁す。

◆金曜日

木曜日の作文の授業で書かせた自己紹介を読んで評価していたら、おもしろくなって、ハマってしまった。お昼過ぎに日本語教師部屋へ行き、日曜日に携帯を買いに行くのをお助けしてくれる学生を寄越してほしいと依頼。夕方、前日と同じ内容の作文の授業。2クラスに同じ授業をするのであるが、前日の反省もあり、ていねいに進めたところ、時間ちょうどぴったりに終わった。1回目の反省を2回目に必ず活かすので、後に受けるクラスの方が得ではないかと思う。

◆土曜日

1日すべて、自己紹介の作文の評価をするのに使った。最初は評価を感覚的に0から5点で付けていたが、もう少しきちんと評価しないと学生に悪いような気がして、評価項目と評価基準を設けて0から10点での評価にした。すると最初のクラスは平均4.8点、標準偏差2.0点で、かなり良い感じの分布になった。

◆日曜日

携帯電話を買いに行くためのお助けの学生は、私が担当しない3年生が二人来た。遠いところなのでタクシーで行き、SIMとスマホ本体を購入。そのあと地元料理を二人におごった。いったん宿舎に帰り、今度は自力でスーパーへ行き、自炊するためのお買い物。しかし皿洗いタワシを買うのを忘れてしまった。タワシがないと買った鍋や支給されたご飯ガマが洗えない。

二つ目のクラスの作文の評価がまだ終わっていないので、早くしないと困ったなあと考えつつ、これを書き上げたところ。キャンパスカードがまだ発行されていないので、学食で食事を取ることが、まだできない。

今、日本にいません。

日本語教師になろうと思って関東に出てみたものの、いまいち根性が出てこないし、「日本語教師の集い」の掲示板でよく「ブラック日本語学校」とか書いてあるのを見たら怖じ気づいたりしたし、それに通勤に電車で1時間2時間かけたりするのも時間がもったいないと思った。日本語教師養成講座の学校へ就職相談に行ったら、「それなら、海外の求人に応募しても良いんじゃない?」といわれたので、6月から手続きをごそごそやって、今週とうとう某国の某大学の日本語科に就職した。今までの教授経験がなかったため、いろいろ紆余曲折あっての就職だったが、いよいよ明日初めての授業である。まだ準備は完璧ではないので、これからPPTの手入れをする。クラスで一番優秀な学生に明日のPPTを先ほど見てもらったのだが、かなり難しかったようなので。

ところで、このブログに学生向けの宿題の指示などを載せたりするかもしれない。ブログの趣旨とは異なるが、学生との通信手段が確立されていないので、その際はご勘弁願いたい。あわただしく日本を離れたため、新潟の多くの人たちに挨拶・報告ができていない。ネットに安定的につながるようになれば、懐かしい人びとに近況報告したいと思う。

i284

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なにか比較になるのかといえば、難しいが、、、。

 

長岡:フレンドの「イタリアン」

実家にある大事な書類を取りに行く必要が生じて、またまた新潟に帰ることになった。もう2回目である。こんなことなら引っ越しなんてしなければ良かったと後悔しきりである。電車賃だけでも相当な家計の圧迫である。

ということで、長岡で電車の乗り継ぎ時間が生じた。ちょうどお昼時だったため、駅構内の1階にあるフレンドへ。・・・一応公式には終了した私の新潟食べ歩きに、みかづきの「イタリアン」が登場しても、良かったはずである。なぜそれができなかったのか自分でもよく分からないが、要するに時間を有効に使うことにおいて、優先順位が低かったのだと思う。もちろん、私にとっての新潟のB級グルメ、じゃなかった、ソウルフードはみかづきのイタリアンである。小学校のとき、文化祭ではなぜか、みかづきのイタリアンを食べることがお約束だった。じゃあなんで新潟のみかづきの「イタリアン」じゃなくて、長岡のフレンドのイタリアンか。特に理由はない。電車の待ち時間に食べることができたから。

新潟の隠れ名物「イタリアン」でおなじみの長岡市のフレンド公式ページ!

ということで、長岡駅構内COCOLOの1階。

i276

ノーマルなイタリアンは330円だったが、それでは夜までの腹持ちや如何、てなことで、ハンバーグ・イタリアン430円也を購入。

i277

麺リフト。ラーメンではないが。

i278

ちなみにハンバーグの断面は以下の通り。ソフトでジューシーと言えば聞こえは良いが、お肉の含有量は少ないかもしれない。けだしファストフード店にて提供しうるハンバーグの限界たるところか。

i279

++++++ 場面が変わります。ふつうは別のポストにすると思いますが +++++

さて長岡から電車に乗り、用事を済ませて夕刻には新潟へ移動。タイ料理の「クワタイ」さん。営業していて良かった。お昼営業も復活したようです。

i280

一日の疲れを流す一杯。デジカメの焦点はお姉さんの方に合っているかも。

i281

やはり、グリーンカレーでしょう。浮いているのは茄子。

i282

麺リフトならぬ、カレーリフトwithご飯

i283

グリーンカレーの量がちょっと多かったので、生ビール一杯では足りなくて、焼酎水割りを2杯目に。すっかり酔っ払って、帰りは何が何だかよく分からなかったが、一応帰宅して米をといで、寝た。

秋葉区:新津「おばな家」のちゃんぽん

気がつけば、6月はブログポストをひとつも上げていなかった。

現在、たいした事はしていない。一方で、着々と準備を進めていることがあるが、未確定で不正確な情報を書いても仕方がないし、ブログなどは無理して書くものでもないと思っているので、しばらく放置してしまった。

その6月も今日で終わり。

今、私は新潟に住んでいないのだけれど、ちょっと書類を取りに新潟へ帰った。

ちょうどお昼時の新津。日曜日に開いているか、ちょっと心配だったが、おばな家に行ってみた。新津駅前のさびれ方といったら、ない。日曜日のお昼を食べるところも容易には見当たらない状況。そんな中で、おばな家さんは結構お客さんが来ていて、私の後の人は順番を待っていたくらい。

i273

ここへ来れば、やっぱりちゃんぽん。ほかのお客さんも ちゃんぽんを 注文している人が多いし、そうでない人は皿うどん。

i274

ラーメン関連ブログでは、こういうのを「麺リフト」と言うのか、どうか、よく知らない。

i275

新潟県秋葉区のJR新津駅近くの「おばな家」さんは、駅の東の正面の道をまっすぐ行けば、すぐです。駅から見ると道路の左側です。

今日は大雨で、電車も遅れて大変でした。

新潟の中国料理店”鵬龍”に行きました-4

こんにちは。わたしは にほんじんです。49さいの おとこの ひとです。にいがたの ちゅうごく りょうりてん 「ほうりゅう(鵬龍)」へ いきました。みなさんに しょうかいします。ほんちょうの しょうてんがいの みなみがわに 青海ショッピングセンターが あります。「ほうりゅう」は 青海ショッピングセンターの いりぐちに あります。したの すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。ばしょが わかります。

37.920115,139.046342

i265

めにゅー です。わたしは おみせの ひとに 「いちばん からい ラーメンは なんですか」と ききました。おみせの ひとは「しせんマーラーめん」だと いいました。わたしは「しせんマーラーめん」を ちゅうもんしました。

i266

四川マーラー麺です。

i267

おいしそうですね。

i268

めんは ふつうの ふとさ です。そんなに ちぢれて いません。

i269

にいがたの おみせの 「たべあるき」は これで おわりです。ほんちょういちばで ささだんごを うっている おばあさんが いました。5こ ほしかったです。でも、おばあさんは いいました「10こで 1000えんだよ」。やすいですね。わたしは ささだんごを 10こ かいました。

ばんだい橋を わたった ところで、しゃしんを とりました。にいがたの ばんだいばしと ささだんごは どちらも ゆうめいです。わたしの ふるさとは にいがたです。

i270

+++++++++++++++++++++++

ということで、鵬龍さんをもちまして、私の新潟島食べ歩きは終了しました。タイ料理のクワタイさんは新潟島の外ですが、距離的に近いので含めました。タイ料理といえば、関屋あるいは信濃町のタイファイタイフードさんでグリーンカレーを食べていないのが残念です。先日伺ったところ、休暇に入られたようでした。それから水餃子の食べ比べですが、結局安屋さんの水餃子は食べませんでした。安屋さんは、地元の方のお店であり、自分のようなきわめて一見さんに近い人間が行くのはどうかなあという気持ちもありました。Googleのレビューで見たのですが、お母さんの足が悪いので、食べ終わった器を自分で返却すると書いている人がいました。これを読んで、自分が情けなくなりました。足が悪そうだということは、私も気づきました。だけど、だったら自分にできることは何か、そこまで考えなかった自分の思い至らなさを恥じます。水餃子を食べた中国料理店のなかで、残念なことは;

i272

ハルピン餐庁さんが閉店しました。場所が悪く、お客さんはいつもだれもいませんでした。こちらの中国料理が大好きだったのに、残念です。閉店したばかりの頃でしょうか、私はそれと知らず、ヨーカドーでお店のお姉さんを見かけました。また行きますよ、と声をかけようと思ったのですが、それはせず、でもあとで考えたら、お店の時間にジャージ姿でヨーカドーにいるのも変な話なので、翌朝お店に行ってみたら、上の写真の通りでした。「貸店舗」の紙がシャッターに貼ってあります。もう一つ閉店といえば、

i271

「冬のソナタ」さんです。前はトラフグのお店だったのですね。イタリア軒の通りに面して、店内も明るくて入りやすい雰囲気だったのに、とても残念でした。新潟島がどんどんさびれていきます。寂しいことですが、庶民にはどうしようもありません。逃げ出す奴はけしからんといいたいところですが、私自身が逃げ出してしまいました。

最後のお店は鵬龍さんになりました。移動を考えると、お昼の営業で食べられるのが鵬龍さんだったので。こちらのご主人も中国の北の方から来られた方でした。人気メニューの広東麺を食べられなかったのが残念です。お店の繁盛をお祈りします。

萬代橋と笹団子を一緒の写真に撮ったおバカはおそらく私くらいだろうと自負しております。

新潟の韓国居酒屋「ドレミ」へ行きました。-4

こんにちは。わたしは にほんじんです。49さいの おとこの ひとです。にいがたの かんこく いざかや 「ドレミ」へ いきました。みなさんに しょうかい します。したの すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。ばしょが わかります。

37.924266,139.044660

くらくて、 ちょっと はいり にくい ですね。でも とても いい おみせです。

i257

まず ビールと おとうしです。おや? ひだりに めずらしい ものが あります。

i258

「かに」です。

i259

こんな 小さい カニ、 わたしは はじめて たべました。からも あしも はさみも ぜんぶ そのまま たべることが できます。たべかけの アップの しゃしんです。ちょっと ぶれました。

i260

きょうは ちゅうもんに なやみました。でも キムチチゲと ごはんに しました。おさけも にはいめです。うめサワーです。

i261

キムチチゲのアップです。

i262

おさけは とうとう さんばいめ(三杯目)です。かんこくの おさけ マッコルリを のみました。おみせの ひとが いいました「きょうは たくさん のみますね」。わたしは いいました「ええ、じつは きょうが さいご なんです。だから おさけを たくさん のみます。」

i263

きょうで 「さよなら」ですから、おみせの ひとは わたしに かんこくの のりを くれました。ありがとうございます。みなさんも にいがたの かんこく いざかや 「ドレミ」へ いって、たくさん かんこくの りょうりを たべて ください。

i264

++++++++++++++++++++

お通しの沢ガニみたいなの、初めて食べました。マッコルリは普通、カメに入れて出してくれるようですが、それでは多すぎるので特別に一杯で注文したら、チューハイ用のグラスになみなみ入れて出してくれました。一枚目の写真にあるように、韓国居酒屋ドレミさんは、ちょっとわかりにくい所にあります。住所は以下です。

新潟県新潟市中央区西堀前通8番町1516-1 桂家ビル 1F

写真の上にあります緯度経度をGoogle mapsに入れていただければ、正確な場所が分かります。おじいさんには会えませんでしたが、にこやかなお母さん、南大門のお姉さんともども、末永くお店を続けてください。また会える日を楽しみにしています。

新潟の中国料理店「騰翔飯店」へ行きました-5

こんにちは。わたしは にほんじんです。49さいの おとこの ひとです。にいがたの ちゅうごくりょうりてん 「騰翔飯店・とうしょうはんてん」へ いきました。ばしょは ほんちょうの しょうてんがいです。イトーヨーカドーまるだいのちかくです。したの すうじを Google Mapsに にゅうりょく して ください。

37.919896,139.046470

「とうしょうはんてん」は ぷらっと本町の みなみの でぐちに あります。

i251

にほんの おさけを のみました。

i252

えびチリていしょくです。

i253

えびです。しゃしんが ちょっと ぶれました。

i254

えびチリていしょくを たべたあと、すいぎょうざと うめサワーを ちゅうもんしました。

i255

ぎょうざの なかには にんじんと しいたけが はいっています。ていしょくと すいぎょうざを たべたら、おなかが とても いっぱいに なりました。たべすぎました。みなさんも にいがたの ほんちょうの 「騰翔飯店・とうしょうはんてん」へ いって、ちゅうごくりょうりを たくさん たべて ください。

i256

++++++++++++++++++++

本町の騰翔飯店さんに行きました。海老チリ定食と日本酒1合でとめとけば良かったのですが、こちらのお母さん手作りの水餃子が食べたくて、追加注文してしまいました。結果、ちょっと食べ過ぎになりましたが、大満足でした。お店が繁盛しますように。