宿題:日語基礎写作1:第10週目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 11月 1日(金)に出題します。

1837組には 10月31日(木)に出題します。

---  宿題1(作文)の指示 ---

課題: 詩の感想文、鑑賞文

※1837組の授業で、言うのを忘れました。教科書の二つの鑑賞文は、情景やストーリーを創作しています。詩を読んで、感想文を書くのは難しいことです。皆さんも難しいと感じたら、ストーリーや情景を自分で考えて作文してください。

文体: 「だ・である体」で書くか、「です・ます」体で書くかは 自分で決めること。決めた文体で文体統一する。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。文量は1枚程度。最大2枚まで

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

注意:・簡体字を4文字以上使ったら、減点する。

・引用部分を除き、体言止めは使用しない。

・タ形で読点「、」を打ち、文を続ける書き方をしたら減点する。

liangzhiriyu.comに この内容を掲示する。詩は授業中に配布したハンドアウトのみであるので、なくさないこと。

---  宿題2(第12週の宿題の準備)の指示 ---

課題: 仕事内容に興味のある日本の会社をさがす。

用紙: 宿題1の原稿用紙の余白等に以下を書く。

①会社名、②ホームページのURL

提出: 来週の 授業開始時に宿題1の作文と共に提出すること。

注意: 本当の就職ではない。

① 中国語版のホームページがある日本の会社を調べる。

② 興味のある1社を決める。

③ 会社のホームページのURLを記録する。就活サイトでの 紹介ページではなく、その会社の本当のホームページアドレスとする。

④ 多種多様な仕事をしている大会社は除く。

--- 以上 ---

日语视听说1:10月30号(1939),31号(1938)

This is to inform students in classes 1938 and 1939 about homework assignment for the listening course.

Homework Assignment (作业)

You need to do the followings by the next class on November 6th or 7th.

1. Section 3-1 of the text book
(1) Listen to MP3 on track 3-1-00 that is “Warming-up” on page 22.
(2) Do 一、二、and 三 on page 22 through 25.

2. Section 3-2 of the text book
(1) Listen to MP3 on track 3-2-00 that is “Warming-up” on page 28.
(2) Do 一、二、and 三 on page 28 through 30.

日本語の投稿はないんかい、ゴルァ!

<学生のみなさんへ、この投稿の日本語を真似しないでください>

しばらく忙しい日々が続いている。寝る時間以外はほぼすべて仕事関係の作業をしていて、まあそれが日本語まみれなものだから、あえて日本語の文章を書く気にもならないのが実際のところ。

屋内の暖房が始まった。そのためであろうか、寒い外気を避けて、テントウ虫が私の部屋の中にたくさんいる。彼らはなぜあんなに丸いのか。半球状の体は、何の利点があって、あんな形に進化したのか。上下反対になって絶命されているテントウ虫さまも、床にごろごろしている。部屋の掃除をすべきだが。

虫と言えば、ここに入居した時から、便所虫というのか、羽のついた虫が洗面所にいた。ハエならば、動きが速く、すばしこい。しかし、便所虫は動きがのろい。ちょっとやそっとのことで飛び上がったりしない。こちらとしては、まちがって水を掛けたりして殺してしまわないか、ひやひやものである。自分が死ぬときはどうだろう。怖いだろう。痛いだろう。暗いだろう。死ぬのは嫌だ。しかし、私が何かの拍子に水か何かぶっかけてしまって、便所虫が死んだら、彼/彼女も同じ恐怖を味わうのだ。それを考えたら、便所虫よ、ハエのようにもっと機敏に動いてくれ、と願わずにはいられない。

昨日、八百屋で大きなキノコを見つけた。日本でいえば、ヒラタケが巨大化したようなもの、と言えるだろうか。さっそく購入して、私の得意の野菜汁に入れてみたが、大してキノコの味や旨みがない。日本にいたときは、野菜たっぷり味噌汁にエノキかシメジを入れていて、たまに奮発してマイタケやヒラタケを入れてみたりした。それで「奮発」ってスケールが小さすぎるわけだが。昨日買った大ぶりなキノコは大ぶりなだけで、ヒラタケのような旨みはなかった。しかし、この国の料理は何でも味付けを濃くして、素材の味なんてどうでも良いのだから、これで良いのだろう。

この程度の日本語ならぽんぽん出てくるが、今学期もこれからどんどん忙しくなるので、日本語の投稿が増えるかどうかは、分からない。

宿題:日語基礎写作1:8回目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 10月25日(金)に出題します。

1837組には 10月24日(木)に出題します。

---  宿題1(作文)の指示 ---

課題: 題名が「日本語を学んで」の作文を書く。

文体: 「だ・である」体で文体統一すること。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。長くても2枚以内で書くようにすること。授業中に作成したマインドマップ、アウトライン、クラスメートからのコメントを活かして書くこと。

注意点:・簡体字を4つ以上使うと減点する。

・体言止めは禁止。使用したら減点する。

・タ形で読点「、」を打ち、接続すると減点する。

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

マインドマップ:提出しなくて良いが、授業中に作成した教科書50ページのマインドマップで、実際に作文に書いた事柄を赤い線でマークしておくこと。

---  宿題2(予習)の指示 ---

・出席番号1から14番の人:
61~62ページの鑑賞文「青春の跡」の漢字を読めるように準備してください。

・出席番号15番以降の人:
62~63頁の鑑賞文「会いたかった」の漢字を読めるように準備してください。

--- 以上 ---

日语视听说1:10月23号(1939),24号(1938)

These are instructions for the listening course of the classes 1938 and 1939 of the 1st grade students.

Homework Assignment (作业)

You need to do the followings as homework assignment by the next class on October 30/31.

(1) Listen to MP3 on track 2-1-00 that is “Warming-up” on page 12 of section 2-1

(2) Listen to MP3 on track 2-2-00 that is “Warming-up” on page 16 of section 2-2.

(3) Do 4.5.6.7.8. on page 13 through 15 of the section 2-1.

(4) Do 4.5.6.7.8 on page 17 through 19 of the section 2-2

宿題:日語基礎写作1:7回目

2年生の作文の授業では毎週宿題を出していますが、今週はいつもと違います。

1836組の 10月18日(金)の宿題はありません。

1837組の 10月17日(木)の宿題はありません。

どちらのクラスも 次の週の小テストの準備をしてください。下にある(1)から(5)までの内容を参考にしてください。

ーーー 小テストの参考 ーーー

(1)文章を書くときは、まず、読む人が誰か、伝えたいことは何かの二点を決めます。次に、書く内容を調べて、集めます。そして、文章の構成を考えて、下書きをします。下書きをしたら、自分で読んで文章を直す推敲の作業をします。最後に清書をして、文章が完成します。

(2)ある人が 文章を書きます。そして、他の人が その文章を読みます。この場合、書くことと、読むことには同時性が ありません。ですから、書く人は 読む人の 反応を予測しながら 書くことが 必要です。

(3)作文の文体には「だ・である体」と「です・ます体」があります。作文を書くときは、どちらかの文体で書きます。違う文体を混ぜて書かないようにします。これを文体の統一といいます。

(4)手紙の構成をおぼえましょう。

(5)手紙には季節のあいさつを書きます。私たちが住む街の季節の様子を書きましょう。

ーーー 以上 ーーー