かんこくいざかや「どれみ」へ いきました。-1

こんにちは。「免費!日語教室」です。まいしゅう どようびの ごご3じから くろすぱる にいがたで にほんごを おしえています。この にほんごきょうしつの せんでんを するために、きょうは かんこくいざかやの「どれみ」へ いきました。2かいめ です。

ちかがいの にしぼりろーさの はじっこ から きたへ いきます。おてらのあるほうではなくて、ふるまちの おみせが たくさん あるほうです。せまい とおりに はいります。ちょっと むずかしいので、 したの すうじで ぐぐって ください。

37.924266,139.044660

よる いきました。ドレミが ファラドの いちに あります。

i071

 

びーると おとうし(はつおんは「おとおし」)です。

i072

 

すんどぅぷ ちげは、しょっぱく しないでください、と たのみました。

i073

 

ちょっと しゃしんが ぶれました。 おみせが くらかった です。

i074

 

たまごと あさりが はいって いたので おいしかった です。 ぜんぶ たべました。

i075

おみせの ようすです。きょうも にほんごきょうしつの せんでん てぃっしゅを 10こ おみせの ひとに あげました。おみせの ひとが わたしに いいました。 この おみせに くる かんこくの ひとは、 にほんごが じょうずな ひとが おおいです。でも にほんごを べんきょうしたい ひとは だれでも、 わたしの きょうしつに きてください。そして かんこくいざかや「どれみ」で かんこくりょうりを たくさん たべてください。

i076

みなさん よい おとしを おむかえ ください。

免費!日語教室

 

おそらく年内最後の食べ歩き兼日本語教室の宣伝は、韓国居酒屋ドレミさんへ行きました。お店には3人おられて、ナムデムンから合流された方もいました。お客の方は私一人。翌日に予約が入っているとのことでしたが、年の瀬に、ちょっと寂しい店内でした。お店の人同士がしゃべる韓国語が分からないのですが、ちょっとした異文化交流の気分になります。

またまた「ちぢみ」へ いきました。-3

かんこくりょうりの 「ちぢみ」さんは、 わたしの にほんごきょうしつの こうこくを おみせに はってくれます。きょうは 1がつの こうこくを はりに いきました。

「ちぢみ」は ほんちょういちば から、 ちょっと みなみ です。いんたーなしょなる ばーこーど の となりです。ばしょは したの すうじを ぐぐって ください。

37.919569,139.046535

よる いきました。みどりの おとこのひとと おんなのひとが、じでんしゃの はんどるで かくれています。

i064

まず、びーると おとうし(はつおん:おとおし) です。おおきな がめんの てれびが あります。かんこくの KBSを みることが できます。

i065

きょうは ぴびんぱぷ を ちゅうもんしました。わかめす-ぷも つけてくれました。

i066

こちゅじゃんを たっぷり つけます。

i067

ぴびんぱぷを まぜまぜ しました。ぴんくいろの ものが みえます。これは だいこんの つけもの です。 さーびす してくれました。

i068

とても おいしかったので、ぜんぶ たべました。

i069

きょうは いちがつの こうこくを おみせに はりました。みなさんも 「ちぢみ」へいって、かんこくりょうりを たくさん たべて ください。

i070

このブログ開設以来、堂々3回目の「ちぢみ」です。日本語教室の1月の予定を書いたフライヤーを貼ってもらおうと、行きました。実は日曜日の夜に行ってみたのですが、満員で他のお客さんをお断りしている状況でした。そのため、日を改めて今日行きました。忘年会シーズンなので、予約でいっぱいかなと思いましたが、他に2組の二人組のお客さんがいただけで、まあまあの雰囲気でした。今日はデジカメを忘れてしまったので、スマホで撮りました。さほど画質は悪くないようですが、色合いがちょっとどぎつくなりました。まあ色合いは、後から調整できるものとは思いますが、当方画像いじくりテクニックはそれほどございません。

今日は初めてピビンパプを注文しました。一人で食べられるメニューでまだ食べていないものをいったら、それくらいしか思いつかなかったので。それと、チゲ類は塩っぱいのが怖いので、ご飯ものなら塩分取り過ぎにならないかな、と。コチュジャンを垂らしたあと、日本人的には抵抗ありますが、思いっきり混ぜ混ぜしました。写真にありますように、いい色合いです。そして、旨い。ああ韓国料理はいいですね。わかめスープもたっぷりワカメで大満足。後からサービスしてくれた、大根の浅漬けも最高でした。柑橘の皮の細切りを添えて香りを付けるなど、なかなか。ちぢみさん最高です。画面の大きいテレビで、KBSワールドを見せてくれる所も、気に入っています。フライヤーを貼るためだと月1回にしかならないけど、もっと行きたいです。

 

 

かんこくりょうり「ふゆの そなた」へ いきました。-1

こんにちは。「免費!日語教室」です。まいしゅう どようびの ごご3じから くろすぱる にいがたで にほんごを おしえています。この にほんごきょうしつを せんでんするため、きょうは かんこくりょうりの 「ふゆのそなた」へ いきました。この おみせは ふるまちの きたの ほうに あります。NEXT21から、みずほぎんこうの ほうへ いきます。ゆうめいな 「ほてる いたりあけん」の まえを とおり、さらに きたへ いくと つきます。ばしょは したの すうじで ぐぐって ください。

37.925649,139.044568

よる いきました。

i048

 

おみせの なかは あかるくて きれいです。

i049

 

この おみせは にかいめです。まえに きたときも すんどぅぶちげを たべました。きょうも すんどぅぷちげ、そして ごはんと ビールです。この じてんで おとうしは たべて しまいました。

i050

 

あっぷです。ぐつぐつ にえて います。

i051

 

わたしは あさりと たまごが はいっている すんどぅぶちげが すきです。「ふゆのそなた」のすんどぅぷちげには あさりと たまごが りょうほう はいっています。でも、それだけでは ありません。よくみたら えびが はいっていました。あみえびより おおきい えびです。しゃしんを みてください。 えびが にひき みえるでしょう。

i052

 

ぜんぶ たべました。かいの あさりの からが みっつみえます。でも じっさいは あさりが いつつ はいっていました。だいまんぞくです。

i053

 

きょうも せんでん てぃっしゅを 10こ おみせの ひとに あげました。みなさんも「ふゆのそなた」へいって、かんこくりょうりを たくさん たべて ください。

i054

「冬のソナタ」は、来週行こうと考えていました。今日お店の近くを通りかかったら、店の前が少し暗かったので、もしやナムデムン(南大門)の二の舞か、確認しなければ、と近寄ったところ、店はいつも通り開いていました。店頭の照明を消していたため、暗く見えたようです。おそらく電気の節約でしょう。少しかがんで入り口のドア越しに店内をのぞき見ると、店員さんらしい足が見えて、いかにもお客さんがいなさそうだったので、予定より早いけど、今日お邪魔して夕食としました。

またしてもスンドゥプチゲです。なんとなく、韓国料理店は、スンドゥブチゲを食べてみて、自分の好みに合うか合わないかを判断するような気がします。チヂミさんのように しょっぱいのはかなわないので、お店の人に「辛いのは大丈夫だけど、塩っぱくしないでください」と頼みました。出てきたスンドゥプチゲは、卵とアサリの入った、私的には好みの物でした。以前、チヂミに行ったときの記事で、浅蜊の量に関しては他店をしのぐ、というような事を書きました。しかし、今日の「冬のソナタ」のスンドゥブチゲには、比較的大きなアサリの身が5個入っていました。これは私の中でのスンドゥブ番付が変わりかねない事態です。

あと、アミエビは多分何らかの形で入っていると思いますが、先日の「すみれ」さんのようにアミエビの形が分かるような入り方はしておらず、その代わり、アミエビより大きい、上の写真にあるような えびが少なくとも5個は入っていました。この形・大きさのえびに関しては、他店では入っているのを見たことがありません。とはいえ、その時々の食材によって、スンドゥプチゲの具材も変わるでしょう。そのため、各店のスンドゥブチゲを比較するには、何回か調査を重ねる必要があるものと思われます。

お会計については、スンドゥブチゲ900円、ビール500円、ごはん300円でした。この合計が1700円ですが、請求は2160円でした。おそらく、お通しが300円で、税抜き合計が2000円、消費税を入れて2160円になったものと思われます。だんだん会計の仕組みが分かってきました。お店の名前がいかにもいかにもなので、ちょっと敬遠気味でしたが、次回はコムタンとか、挑戦してみたくなりました。コムタンとソルロンタンの違いは、何でしょうか?どっちも白いスープで似ているように思います。まだまだ初心者です。

かんこくりょうり「すみれ」へ いきました。-1

こんにちは。「免費!日語教室」です。まいしゅう どようびの ごご3じから くろすぱる にいがたで にほんごを おしえています。この にほんごきょうしつを せんでんするため、きょうは かんこくりょうりの 「すみれ」に いきました。もとは 「まつや」だった そうです。「まつや」を 16ねんかん やって、「すみれ」を ひらきました。まだ 「まつや」が ゆうめいなので おみせには 「旧松屋(きゅう まつや)」とかいてあります。

この おみせは ふるまちの きたの ほうに あります。ばすの とおりから、やねの みちを あるきます。NSGすくえあの まえを すぎると、やねが おわります。どうろを わたって まっすぐ いきます。はるびんさんちょうの まえを とおりすぎます。しんごうを いっかい わたります。もっと きたに いきます。ゆうめいな かまめしの みせがあります。そして ほそいみちを みぎに まがります。ばしょは したの すうじで ぐぐって ください。

37.925554,139.045991

よる いきました。

i044

 

おみせの ひとと いろいろ おはなしを しました。おはなしが たのしかったので、おとうしの しゃしんを とるのを わすれました。ほした だいこんの きむちが とても おいしかったです。かむと こりこり しました。

はじめて いった かんこく りょうりてん では、いつも とうふちげをたべます。きょうも そうしました。

i045

 

ちいさい さらに もりました。あっぷです。しゃしんの みぎうえに ちいさい えびが うつっています。あみえび です。あみえびで いい あじが でていました。すーぷが おいしかったです。

i046

 

びーるを のみました。そして とうふチゲと ごはんを たべました。

i047

 

おみせのひとに、せんでんの てぃっしゅぺーぱーを 10こ あげました。みなさんも 「すみれ」へ いって かんこくりょうりを たくさん たべて ください。

i003

 

今日も日本語教室の宣伝のため、と言いたいところですが、結構食べ歩きが好きなため、新たな韓国料理店の開拓に出掛けました。実はナムデムン(南大門)を目指したのですが、18時半になっても看板の電気が付かないので、近寄ってみたら、室内も電気が付いている様子がない。今日はやっていないのかと、目的地をかえまして、「すみれ」さんにお邪魔しました。ネット上の食べログとかでは、いまだに「松屋」で表示されますが、今のお店の名前は「すみれ」です。お店の人と話が弾みました。ナムデムンの話とか、近隣の韓国料理店の情報などを教えていただきました。話に上がった2軒、近いうちにお邪魔します。その頃には、黄色いティッシュを配る怪しいおっさんの情報が古町界隈の韓国料理店で共有されているかもしれません。

お通しの干し大根のキムチがコリコリして歯触りも良く、美味しかったです。先日来、お通しの値段についてぶーぶー書いておりますが、今日の「すみれ」さんは良心的なお値段でした。また、豆腐チゲのスープはアミエビも入っていて、濃厚な旨味がでていました。アミエビのお話も教えていただきました。

黄色いティッシュについて「お店に置きます」と言ってくれたのは、初めてでした。初めての客で、そしてたいしてお金も払わない客に、そこまで言ってくれる人は、大変人柄の良い方だと思います。ありがとうございます。

 

かんこくりょうり「チャングム」へ いきました。

こんにちは。「免費!日語教室」です。まいしゅう どようびの ごご3じから くろすぱる にいがたで にほんごを おしえています。この にほんごきょうしつの せんでんを するために、きょうは かんこくりょうりの 「チャングム」に いきました。

この おみせは ふるまちの NSGの ちょっと きたに あります。ばすの とおりから、やねの みちを あるきます。NSGの まえを すぎると、やねが おわります。どうろを わたると ほうせきやさんが あります。その ひだり です。

37.923638,139.044909

よる いきました。おみせの そとがわも うちがわも とても きれいです。

i028

 

スンドゥブチゲと ごはんを ちゅうもんしました。だいこんのきむち、カクトゥギは さーびすで つけて くれました。

i029

 

スンドゥプチゲの あっぷです。おみせのひとが こざらに もったので、じっさいは もっと たくさん はいって いました。

i030

 

だいこんのきむち、かくとぅぎです。だいこんですから、あっさり しているように おもいますが、じつは とても あじわい ぶかいです。

i031

 

ぜんぶ たべました。すぷーんを くるんでいた かみに 「韓国家庭料理(かんこく かてい りょうり)チャングム(ちゃんぐむ)」と かいて あります。

i032

 

すんどぅぶちげ が 1,200円、ごはんが 300円でしたので、ぜんぶで 1,500円でした。おみせのひとに、せんでんの てぃっしゅぺーぱーを 10こ あげました。みなさんも ちゃんぐむへ いって かんこくりょうりを たくさん たべて ください。

i003

 

日本語教室のスケジュールお知らせブログ「免費!日語教室」改め、古町界隈食べ歩きブログでございます。今日はわりかし明るいところにある韓国料理の「チャングム」に行ってきました。お店の前はたびたび通るのですが、実はキレイキレイ過ぎてかえって入りづらい印象がありました。おそらく、店名から察せられるように、韓流ドラマに関心のある日本人女性を客層として想定しているのでしょう。だとすれば、このくらい清潔感を漂わせないといけないのかもしれません。私のようにばっちい中年おじさんともなりますと、店構えはきれいでなくても、出してくれる食べ物が良ければ良い、と思ったりします。そんな個人的思い込みに反して、こちらのチャングムさんはキレイキレイでも意外と良かったです。今日のスンドゥプチゲには、豚バラ肉を細く切ったものが入っていました。私としては、食べ物には炭水化物、タンパク質、脂質がバランス良く含まれるべきだと考えております。スンドゥブチゲは、豆腐とアサリでタンパク質は良いのですが、意外と脂質が足りなくて、胃の中での収まり具合が悪いと感じることがあります。しかし、こちらのスンドゥプチゲは、その豚バラ肉のおかげでバランスが良くなり、お腹の中ですんなり満足感があります。おすすめです。

 

また「チヂミ」へ いきました。-2

かんこくりょうりの 「ちぢみ」は 11がつ ようかに いきました(かんこくりょうり「ちぢみ」へ いきました。)。きょう また いきました。

「ちぢみ」は ほんちょういちば から、 ちょっと みなみ です。

37.919569,139.046535

よる いきました。

i017

まず、びーると おとうし(はつおん:おとおし) です。

i018

こちらは おみせの なまえが 「ちぢみ」です。きょうは「かいせん ちぢみ」を ちゅうもん しました。おおきいです。

i019

たれに つけて たべます。

i020

おいしかったので ぜんぶ たべました。

i021

たべたあと、にほんごきょうしつの おしらせを おみせの ひとに あげました。たぶん、おみせに はって くれると おもいます。みなさん 「ちぢみ」に いって、かんこくりょうりを たくさん たべて ください。そして、にほんごきょうしつの かみも みてください。

 

このブログ、日本語教室のお知らせのために設置しましたが、だんだん、単なる食べ歩きブログになりつつあります。きょうは12月の授業予定を書いたA4フライヤーを貼ってもらおうと、またチヂミに行きました。先回書きましたように、チゲ類は結構制覇しましたので、今回はずばり、お店の名前にもなっているチヂミを食べてみました。お通し300円、生ビール500円、海鮮チヂミ1300円で、合計2100円だったと思います。酔っているので、正確でないかもしれません。

今日はお客さんが沢山いました。予約で3グループ、テーブル席は全部埋まりました。そして、カウンター席の私以外は全員女性!それからテレビはKBSワールドが入っていました。A4フライヤーを貼ってもらって、その状況を確認したかったのですが、今日はお店が大変忙しい様子でしたので、バイトの子に渡して、それで帰ってきました。

 

かんこくりょうり「ちぢみ」へ いきました。-1

こんにちは。「免費!日語教室」です。まいしゅう どようびの ごご3じから くろすぱる にいがたで にほんごを おしえています。この にほんごきょうしつの せんでんを するために、きょうは かんこくりょうりの 「ちぢみ」へ いきました。

スンドゥブチゲていしょくを たべました。

とても おいしかった です。

「ちぢみ」は ほんちょういちば から、 ちょっと みなみ です。

37.919569,139.046535

よる いきました。

i001

スンドゥブ チゲ ていしょく です。

あさりが たくさん はいっています。

i002

おみせの ひとに、 ポケットティッシュを 10こ あげました。

この ポケットティッシュが ほしいですか?

「ちぢみ」で かんこくりょうりを たくさん たべて ください。

i003

 

今日は韓国料理の「チヂミ」へ行きました。スンドゥブチゲ定食を食べました。アサリ・浅蜊が沢山入っていて、濃厚なお味でした。お店は、本町市場を南に突き抜け、人情横町を横断して、左に曲がれば分かります。時々行っているので、すでにスンドゥブチゲ、コムタン、テンジャンチゲ、キムチチゲを制覇しております。スンドゥプは浅蜊の量で他店に勝るものがあります。コムタンはお肉どっさりなので、食べる前に十分お腹を減らしておく必要があります。テンジャンチゲは、基本的に日本の味噌汁に似た風味のはずですが、こちらのテンジャンチゲは、お味噌の発酵が独特の風味を出しています。キムチチゲはちょっとしょっぱかった記憶があります。こちらのお母さんのキムチは、日本人向けに妥協したところがない、きわめてまっとうな本物です。本日は私以外の客がいなかったので、ちょっと寂しかったです。いつもは、それほど広くない店内で、みんなわいわいがやがや楽しい雰囲気です。