日本語学習:[イ形容詞]+[動詞]のときのイ形容詞の変化

illustration in which a person is turning the switch on to start air-conditioner

次のようなクイズを学生に出し、回答を得ました。


【クイズ】
友達に聞いてはいけません。教科書を見てもいけません。自分の日本語力で答えなさい。無記名投票ですから、名前は分かりません。安心して選んでください。明日の夜中が締め切りです。

A:エアコンをつけて、部屋をすずしいにします。

B:エアコンをつけて、部屋をすずしくします。


正解はです。回答数64のうち、正答は54で、正答率は84%でした。学習者には別途、学習年数ごとの正答率をDingtalkで示しました。正答率が高くてよかったのですが、「すずしいにします」を選んだ学生は、つぎのことが考えられます。

(1) 活用が よく分からないから、活用しないで使う。
(2) イ形容詞みたいな ナ形容詞「きれいな」の文で、
  例A:掃除をして、部屋をきれいにします。
 などを見たから、「いに・します」でいいと思っている。
この(1)と(2)はいけません(例Aは正しい文です)。

次のようにしてください。
・イ形容詞で動詞や他の形容詞を修飾するときは、「い」を「く」に変えてください。
  例B:イ形容詞「速い」+動詞「歩きます」
      → 速く 歩きます。
・イ形容詞みたいなナ形容詞「きれいな」「きらいな」「ゆかいな」などに注意しましょう。ナ形容詞で動詞や他の形容詞を修飾するときは、「な」を「に」に変えてください。
  例C:ナ形容詞「きれいな」+動詞「洗います」
      → 手を きれいに 洗います。

蛇足ですが、動詞「違う(ちがう)」をイ形容詞×「違い」だと思っている学生も多いです。

以上の記事は私の学生に向けて書いたものですから、あしからず。

A Post as a Preparation for Coming Fall Semester

It will surely be exhausting. They imposed me four subjects that should be taught in coming fall semester. I am serious, I mean I don’t want to get workaholic death. I have to prepare for teaching four subjects well during summer break in order to avoid the worst case. This post has no useful information, and this is just for testing purpose. Sorry about that.