宿題:日語基礎写作1:第12週目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 11月15日(金)に出題します。

1837組には 11月14日(木)に出題します。

課題: 志望会社へのアピールとして、以下の2点を書く。

(1)その会社を選んだ理由

(2)自分の能力がどのように会社に役立つか。

文体: 「です・ます体」で書く。「です・ます体」で文体統一すること。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。1枚程度、2枚以内。

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

注意:・簡体字を4文字以上使ったら、減点する。

・体言止めは使用しない。

・タ形で読点「、」を打ち、文を続ける書き方をした場合は減点する。

・教科書の2から4ページの原稿用紙の使い方を今一度確認すること。

今回の宿題の意図:

上記の(1)と(2)は、会社の面接試験で必ず聞かれることである。本当の就職のとき、これらの質問を聞かれて あわてないように、今から心の準備をする。

宿題:日語基礎写作1:第11週目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 11月 8日(金)に出題します。

1837組には 11月 7日(木)に出題します。

課題: 教科書82ページにある「跳早族」に対する意見文を書く。

文体: 「だ・である」体で書く。「だ・である」体で文体統一すること。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。1枚程度、2枚以内。

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

注意:・簡体字を4文字以上使ったら、減点する。

・体言止めは使用しない。

・タ形で読点「、」を打ち、文を続ける書き方をした場合は減点する。

・教科書の85ページにある段落構成の例①~④に従うこと。

今回の宿題の意図: 意見文を書く。

あなたの書いた意見文を誰かが読む。読んだ人があなたの意見に賛成するとは限らない。しかし、すくなくとも、あなたの書いた意見の内容や根拠を読んだ人が理解できなければならない。

「私の意見は正しい。なぜなら、私の意見は正しいからだ。」・・このような同語反復の堂々巡りにならないように、しっかりと自分の意見とその根拠を書きなさい。

構成は 教科書の85ページにある段落構成の例①~④に従いなさい。③の役割も重要である。他の人の意見、特に自分と異なる意見をよく検討し、その弱点を指摘しなさい。それによってあなたの意見の妥当性を補強することができる。

--- 以上 ---

宿題:日語基礎写作1:第10週目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 11月 1日(金)に出題します。

1837組には 10月31日(木)に出題します。

---  宿題1(作文)の指示 ---

課題: 詩の感想文、鑑賞文

※1837組の授業で、言うのを忘れました。教科書の二つの鑑賞文は、情景やストーリーを創作しています。詩を読んで、感想文を書くのは難しいことです。皆さんも難しいと感じたら、ストーリーや情景を自分で考えて作文してください。

文体: 「だ・である体」で書くか、「です・ます」体で書くかは 自分で決めること。決めた文体で文体統一する。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。文量は1枚程度。最大2枚まで

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

注意:・簡体字を4文字以上使ったら、減点する。

・引用部分を除き、体言止めは使用しない。

・タ形で読点「、」を打ち、文を続ける書き方をしたら減点する。

liangzhiriyu.comに この内容を掲示する。詩は授業中に配布したハンドアウトのみであるので、なくさないこと。

---  宿題2(第12週の宿題の準備)の指示 ---

課題: 仕事内容に興味のある日本の会社をさがす。

用紙: 宿題1の原稿用紙の余白等に以下を書く。

①会社名、②ホームページのURL

提出: 来週の 授業開始時に宿題1の作文と共に提出すること。

注意: 本当の就職ではない。

① 中国語版のホームページがある日本の会社を調べる。

② 興味のある1社を決める。

③ 会社のホームページのURLを記録する。就活サイトでの 紹介ページではなく、その会社の本当のホームページアドレスとする。

④ 多種多様な仕事をしている大会社は除く。

--- 以上 ---

宿題:日語基礎写作1:8回目

2年生の作文の宿題です。

1836組には 10月25日(金)に出題します。

1837組には 10月24日(木)に出題します。

---  宿題1(作文)の指示 ---

課題: 題名が「日本語を学んで」の作文を書く。

文体: 「だ・である」体で文体統一すること。

用紙: 学内超市の文具店の原稿用紙。

書き方:横書き。長くても2枚以内で書くようにすること。授業中に作成したマインドマップ、アウトライン、クラスメートからのコメントを活かして書くこと。

注意点:・簡体字を4つ以上使うと減点する。

・体言止めは禁止。使用したら減点する。

・タ形で読点「、」を打ち、接続すると減点する。

提出: 来週の 授業開始時。遅れての提出は一切認めない。

マインドマップ:提出しなくて良いが、授業中に作成した教科書50ページのマインドマップで、実際に作文に書いた事柄を赤い線でマークしておくこと。

---  宿題2(予習)の指示 ---

・出席番号1から14番の人:
61~62ページの鑑賞文「青春の跡」の漢字を読めるように準備してください。

・出席番号15番以降の人:
62~63頁の鑑賞文「会いたかった」の漢字を読めるように準備してください。

--- 以上 ---

宿題:日語基礎写作1:7回目

2年生の作文の授業では毎週宿題を出していますが、今週はいつもと違います。

1836組の 10月18日(金)の宿題はありません。

1837組の 10月17日(木)の宿題はありません。

どちらのクラスも 次の週の小テストの準備をしてください。下にある(1)から(5)までの内容を参考にしてください。

ーーー 小テストの参考 ーーー

(1)文章を書くときは、まず、読む人が誰か、伝えたいことは何かの二点を決めます。次に、書く内容を調べて、集めます。そして、文章の構成を考えて、下書きをします。下書きをしたら、自分で読んで文章を直す推敲の作業をします。最後に清書をして、文章が完成します。

(2)ある人が 文章を書きます。そして、他の人が その文章を読みます。この場合、書くことと、読むことには同時性が ありません。ですから、書く人は 読む人の 反応を予測しながら 書くことが 必要です。

(3)作文の文体には「だ・である体」と「です・ます体」があります。作文を書くときは、どちらかの文体で書きます。違う文体を混ぜて書かないようにします。これを文体の統一といいます。

(4)手紙の構成をおぼえましょう。

(5)手紙には季節のあいさつを書きます。私たちが住む街の季節の様子を書きましょう。

ーーー 以上 ーーー